富士見L文庫<br> 春華とりかえ抄〈6〉―榮国物語

個数:
電子版価格
¥682
  • 電書あり

富士見L文庫
春華とりかえ抄〈6〉―榮国物語

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月21日 06時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040734286
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

海宝VS.子君!! 春蘭をめぐる恋のバトルいよいよ開始――!?

内容説明

政敵・羅玄瑞の謹慎が解かれた。復帰した玄瑞は、自分を陥れた海宝の裁定を求めてくる。真っ当ではない方法で玄瑞を退けた海宝は、窮地に立たされることに…。新しい副宰相らにどこまで相談するか悩む春蘭に助言を与えたのは、敵であるはずの子君だった。同じ師を持つ同志として、子君を陣営に誘う春蘭だが―。「貴女が身を寄せてくれるなら、いかようにも振舞ってみせよう」「―その提案、俺が許さぬ」海宝は春蘭に近づく子君を警戒して!?男女逆転中華譚、恋の火花散る第六巻!

著者等紹介

一石月下[イチイシゲッカ]
第26回冬期ファンタジア大賞で銀賞を受賞。『女装王子の深遠にして優雅なたくらみ』(富士見L文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

31
謹慎が解かれ復帰した政敵・羅玄瑞。自分を陥れた海宝の裁定を求めるように動き、真っ当ではない方法で玄瑞を退けた海宝たちは窮地に立たされる第六弾。窮地を打開する方法に悩む春蘭に助言する、敵であるはずの子君の思惑。公主と春蘭の距離が変わったことに気づき思い悩む杏子。海宝と春雷の関係を眺めている李子君もそれだけ複雑な因縁があればいろいろ難儀だよなあ…と思いつつ、信じる気持ちでどうにか乗り越えた窮地からの急展開は時間の問題でしたかね。不器用な二人のもどかしい関係もようやくというべきか、進展に期待したいところですね。2020/01/28

みーこ

3
★★★☆☆2021/01/25

わぴねむ

2
杏子さん好きだなー。ついに追いついちゃった。めっちゃ気になるところで終わってるー。2020/11/30

みちちゃん

1
とうとう秘密が明かされるか。ますますみのがせなくなってきた。2023/04/19

メロンパン

1
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️2020/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14879868
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。