カドカワBOOKS<br> この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〈7〉

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

カドカワBOOKS
この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〈7〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 07時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 267p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040734170
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

捻れた異世界ゲアブランデを救うため、ロザリーを仲間に加えて冥界で新たな修行を始めようと動き出す聖哉一行。かつては仲間だったマッシュを倒すべく、「透明化」と「闇の力」を手に入れようとするが……?

内容説明

捻じれた異世界ゲアブランデの救済を目指し、新たにロザリーを仲間に入れた聖哉一行。神竜王マッシュ=ドラゴナイトと戦うべく、新たな技を手に入れるため再び冥界へ修行に戻ることに。冥界の住人スラウリから「透明化」を教えてもらおうとするが、その対価のためリスタがあられもない姿にされて!?さらに、無限回廊の番人ナトススからは「闇の力」を教わろうとするも、再びリスタに災難が降りかかる!!2つの力を手に入れ、マッシュを倒すことは出来るのか!?

著者等紹介

土日月[ツチヒライト]
WEB小説投稿サイト『カクヨム』に投稿していた『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あおやまみなみ

8
捻曲ゲアブランデの後編。 幻想の世界に対する考え方の違いで対立する聖哉とリスタ。ついにマッシュとの最終決戦。 それでも最後はやっぱり勇者でした。「待たせたな」が最高すぎてほえぇ……ってなりました。 次は捻曲イクスフォリア編。楽しみです!2019/12/29

niz001

0
3部の1終了。ロザリーはやっぱり犬なんね。ジェイミーって1巻で燃えた果物屋かw。2021/10/23

真尋

0
捻曲ゲアブランデ完結巻。ゲアブランデの住民を幻と割り切り外道な作戦も実行・完遂する勇者と、勇者の外道な行いに反発する女神。女神の言うことは正論なんだけれど、それに足る能力も外道な扱いをされる人を代行する行動もなく反論は一人前にするからどうにも女神側に同意しにくい心情で読書していた。最終的には問題解決したものの初期パーティメンバーなのにリスタが戦力外のまま7巻まで来ているのってどうなんだろう。冥界で授かった新スキルで今後変わりそうな気はするけれど次のイクスフォリアは大丈夫なんかな。2020/04/13

ゼノ

0
⦅★★★★★⦆ 竜宮院聖哉の新たな作戦はロザリーを使った暗殺作戦で、2度の失敗の後、闇魔法をとロザリーを使った作戦や、幻の世界の10人だからと、肉壁にしようとしていたりと、今まで以上に勇者らしくない、と言うよりは悪役の域でしたが、マッシュ戦直後からは方針を改め、戦闘シーンではマッシュを圧倒していたりと、とてもかっこよかったです。2020/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14800996

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。