ドラゴンノベルス<br> 異世界転移、地雷付き。〈3〉

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

ドラゴンノベルス
異世界転移、地雷付き。〈3〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月15日 03時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 336p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040734101
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

ついにラファンの街に家を持つことにしたトーヤたち。とはいえ今日も金策に奔走していた。そんな中、ギルドで割のいい薬草採取の依頼を受けることに。併せて、これまた高額な対価がもらえる売れるマジックキノコ採取や、グレートサラマンダー捕獲も目指す。しかし、もちろんそんなに都合よくいくはずもなく……。開拓ライフをのんびり過ごす夢の実現は、まだ当分先のようで……。

内容説明

ラファンの街に土地を購入し、ついに家を建てることにしたナオたちは、その資金を稼ぐため、持ち前の“鑑定”スキルを使い、貴重なキノコを探すことに。しかし、それが自生しているのは、何かが潜む森の中。キノコ狩りに薬草採取、さらには危険な魔物ハント。マイホームのために危ない“冒険”を繰り返す一行の、安定生活の夢は叶うのか?異世界開拓スローライフ、ちっとも気が休まらない第3弾!

著者等紹介

いつきみずほ[イツキミズホ]
2018年にWeb小説の投稿をはじめ、19年『異世界転移、地雷付き。』(ドラゴンノベルス)で書籍デビュー。同年、同作が、『新作ラノベ総選挙2019(文芸・ブックス部門)』で第5位を獲得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

にゃんころ

6
生き残る事を最優先としているので大きな盛り上がりとかは無いのですが、鍛錬や工夫で出来ることが増えていくのが非常に面白い。くっころさん話とかワキャワキャしてるのも良いけど、今回はオークリーダー戦での苦戦とかもあり結構盛り上がった。トミー立志伝は微妙かと思ったんだけど、巻末のサイのダメダメ物語を読んでしまうと、トミーがんばったなという気持ちに(笑) ナオのラストのセリフ、次巻期待ですね。2020/01/24

bluets8

2
オークで金策始めましたな3巻。描写の比重としても今後の重要度としてもオークとの戦闘<<<マジックバック作成なのが、生活の安定を重視するこの物語らしい。トミー立志編の挿絵がショタドワーフを騙そうとする詐欺師獣人の図にしか見えない件。これから幾度となく無理難題を吹っ掛けられることを考えると、あながち間違いでもないのが怖いw2021/07/11

あやさと(彩里)

0
マジックバッグ ここがチートの始まり。 日常生活で苦労しなくなる。 才能が必要な人間はともかくエルフは積極的に時空魔法を学んで作っても良さそうだけれども。 マイホームへの準備も開始。トミーの本編の補足的な話、サイの普通の冒険者の話。サイはアエラさんに迷惑かけたコンサルタント?とか思ったがそんなことなくて良かった。スキルに弁舌系無かったけど安易な知識チート企んでたから。こう見ると初期資金1万円は絶妙にキツい。 この巻の地雷はボーナスキャラから貰った寿命、結婚が難しい。ナツキのナオへの思慕が時々に描かれるね。2021/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14759251

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。