富士見ファンタジア文庫<br> 俺が好きなのは妹だけど妹じゃない〈9〉

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
俺が好きなのは妹だけど妹じゃない〈9〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月08日 07時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 315p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040732183
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「お兄ちゃんには妹モノの何たるかをしっかり教え込んであげます!」妹モノを書くと決めたものの、肝心の内容が決まらず苦戦する俺。しかも篠崎さんからは永遠野誓の作品にそろそろ「兄が妹を意識する」展開が欲しいと言われ、意気込む涼花と人生で一番ハードなイチャイチャ取材に突入する…!?そんな折「先生の気になる人というのは、私達の中にいるのではないデショうか!?」突然俺に持ち上がった「気になる女の子がいる」疑惑は、舞やWピース先生、水無月さんに神坂姉妹たちとの調査という名の文化祭デートに発展して―って、だから俺に「気になる女の子」なんて本当にいないんだって!!

著者等紹介

恵比須清司[エビスセイジ]
第26回ファンタジア大賞にて金賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

むっきゅー

17
...。ボクの好みとは違う方向に展開してきた。例え妹ラブコメといえど、この主人公の最後の決断が何か建設的ではない気がする。自分の人生の帰路でもあり、次巻で納得感が得られなければ、ちょっと...。2019/10/17

加賀ますず

7
この中に一人、好きな女の子がいる…!妙に涼花を意識してしまっている祐に、クリエイター仲間達から突如として好きな女の子がいるのではと嫌疑をかけられてしまい…というあらすじ。今回もゴリゴリ涼花が可愛いのだが、どちらかといえば舞に焦点が当てられていた一巻。クリエイター永遠野誓ではなく、永見祐を一人の異性として意識するようになっていた氷室舞の、変態ストーカー要素のない等身大のアプローチがギャップ可愛い。一生平和にイチャイチャして欲しいこの兄妹シリーズにも、少しずつ終わりが近づいているのが寂しい第9巻。2019/10/27

真白優樹

6
妹モノを書くと決めるも内容が決まらず苦戦する祐に、気になる人がいる疑惑が持ち上がり、舞や涼花達と文化祭デートをする事になる今巻。―――気になるのは貴方だけ、気付いた時に書けるただ一つの物語。涼花と祐にある疑惑が持ち上がり、舞達も巻き込んで大騒動になる今巻。文化祭という一大イベントの中それぞれの魅力を再認識する巻であり、涼花の魅力に祐が気付いた時、只一つの想いが定まる巻である。只一つの急かす想いが手を動かし、世界で一つだけの小説を書きあげる。が、その先祐の発言の真の意味とは。 次巻も須らく期待である。2019/09/24

いかずち

0
48 きつかった……けど気になる終わり方したなあ2019/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14363651

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。