富士見L文庫<br> 暁花薬殿物語〈第2巻〉

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

富士見L文庫
暁花薬殿物語〈第2巻〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月22日 14時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040731650
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

離縁を目指して入内したものの、目を覚ますと正妃になっていた暁下姫。高まる世継ぎへの期待もどこ吹く風、薬師目指して貴重な本を読み漁る日々を過ごしていた。そんな時、都に鬼が出現したと報告が入る。さらに、鄙の地で相次いで村が消えたというのだ。事態を重く見た朝廷では帝自ら鬼の平定に赴くことになり、貴族の策謀を感じた暁下姫も変装し、こっそり同行するのだが…。消えた村の真相、そして鬼の正体とは?全てが見えた時、帝に一本の矢が突き刺さる!大人気平安ファンタジー、待望の続編!!

出版社内容情報

離縁を目指していたはずなのに正后になっていた暁下姫。鄙の地で鬼が跋扈し、村が忽然と消えたという報告を耳にする。本当に村は消えたのか、村人はどこにいるのか、そしてこれは誰の思惑か。帝と暁下姫が鬼を討つ!