富士見ファンタジア文庫<br> お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。〈4〉

電子版価格 ¥759
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。〈4〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040731025
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

文化祭。当日は何処で何をしてひとりで過ごそうか胸を弾ませていた春一を襲うテンプレ展開…実行委員に抜擢される。面倒くさいことは迅速に、の精神でおひとり様スキルフル活用で仕事を完璧にこなす春一へ華梨の余計な一言が炸裂する!「私、姫宮君に勝ってみたい!姫宮君っ、私と勝負しよう!」強制戦闘イベントを華麗にスルーし続ける春一のもう一つの悩みの種、「い、今は恥ずかし過ぎて姫宮の顔もまともに見れないから…」キャンプでの告白で英玲奈とは妙にギクシャク。華梨と英玲奈、二人との関係は確実に変化しているようで―。ひねくれボッチートな青春ラブコメ、文化祭はひとりに限る。

出版社内容情報

おひとり様スキルをフル活用で文化祭実行委員をそつなくこなす俺の最近の悩み。キャンプでの告白から羽鳥とはギクシャク気味、さらに――「私、姫宮君に勝ってみたい!」美咲よ、文化祭で勝負なんてお断りなんだが。