富士見L文庫<br> 六道先生の原稿は順調に遅れています〈3〉

個数:
電子版価格
¥352
  • 電書あり

富士見L文庫
六道先生の原稿は順調に遅れています〈3〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月13日 12時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040727875
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

次回作は自伝的小説!? 六道先生自身も知らない“六道誕生”の謎に迫る!文芸編集の詠見は、作家で妖怪の六道先生を担当中。相変わらず新作立ち上げに難儀していたところ、六道の書いた昭和回顧の随筆が評判に。そこで詠見は、六道の過去を巡ることで新作の着想を得られないかと思いたち?

峰守 ひろかず[ミネモリ ヒロカズ]
著・文・その他

榊 空也[サカキ クウヤ]
イラスト

内容説明

文芸編集者の滝川詠見は、作家にして妖怪の六道〓馬(そうま)を担当中。新刊発売に文学賞受賞と、場数を踏んだ二人には、新作の立ち上げもお手のもの―ということもなく、相変わらず原稿は遅れていた。そんな折、六道先生の書いた昭和回顧エッセイが評判に。それなら先生の半生を描いた自伝小説も面白いのでは、と新作企画が立ち上がる。さっそく縁の地へ取材に向かう詠見たちだったが、やがて六道先生の記憶にない“六道〓馬”の足跡が見つかって…?編集女子と妖怪作家の、怪奇×お仕事物語、集大成!?

著者等紹介

峰守ひろかず[ミネモリヒロカズ]
2008年、第十四回電撃小説大賞“大賞”受賞作『ほうかご百物語』で電撃文庫からデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

49
おやおや、これでシリーズ完結かぁ……何となくふたりの関係の進展を望んでいたのだが、叶わなかったのは少し残念。あくまでも仕事上でのパートナーということで、こちらのほうが大人だわ。新しいシリーズを期待しております。2018/07/25

はつばあば

47
無から物語を綴る作家六道。六道を支え励まし作品を世に出す編集者の詠見の並大抵な協力というか援助?。この六道さんが和装の似合う見目麗しい若者だったからこそ・・。どっかの市長のようににやけた狒々爺の風袋だったら?。がしゃどくろとは言わないが川端康成のようなキリギリスに似た瘦せっぽちの作家さんだったなら?。ここまで一生懸命になっただろうか(笑)。まぁ良かった良かった。人も妖も寿命があって・・自分だけいつまでも若いままで、死ねないって結構辛いでしょうしね。作家さんも編集者さんも大変な仕事です。本の出版、感謝です2023/01/21

ネムコ

35
「消えずの行灯」が切なかった。活字離れの現実の中で出版社の悲哀。もっと続くと思ってましたが、ここで終わるのが最善かもしれません。良いシリーズでした。2018/07/19

アズマ

32
これで終わってしまうのが残念です。六道先生の正体は意外だったけど詠見の情熱や真っ直ぐさが眩しいです。2019/12/19

スズ

31
相変わらず原稿が遅れっぱなしの六道先生に頭を悩ませる担当編集の詠見。そんな中、先生の書いた昭和回顧録風のエッセイが人気を呼び、先生の半生を描いた自伝的小説の企画が立ち上がるが…。妖怪として生き、小説家として生きてきた六道先生の足跡を辿るような物語で、新たな妖怪の巻き起こす事件もやはり面白い。己の過去と向き合い心が揺れ動く六道ですが、強いが一人ぼっちだった『彼』と、どこまでも「先生!」と追いかけてくれる詠見と出会えた六道との差が、あの結末に導いてくれたんだろうと思いました。続きも見たかったが、これにて終幕。2019/09/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12916455
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。