カドカワBOOKS<br> 悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!〈3〉

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

カドカワBOOKS
悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!〈3〉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年05月25日 05時58分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040727585
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

手荒な新入生歓迎をかいくぐり、ラブラブ学園生活をゲットできるか!?『オレンジ色の髪の子に人生を奪われる』という予言を受け、数年後。イザベラのもとにオレンジ髪の専属メイドがやってきた! ゲーム展開と違いすぎて予測不可能、死の危険がいっぱいの学園生活がはじまる……!

杏亭リコ[アンズテイリコ]
著・文・その他

封宝[ホウホウ]
イラスト

内容説明

ゲームのヒロイン・マリエタから『オレンジ色の髪の子に人生を奪われる』という予言を受け、数年。イザベラ達はついに、ゲーム本編が始まる学園入学イベントへと突入する!!没落フラグを回避&ウルシュ君とのラブラブ学園生活を達成できるかドキドキなイザベラだが、オレンジ髪の専属メイドが隣にいるわ、ヒロインのマリエタはありえない変化を遂げているわ、予想外すぎるドキドキ展開!予測不可能、死の危険がいっぱいの学園生活がはじまる…!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あさひ.a

24
3巻。魔術学院に入学したイザベラ14歳とウルシュ君15歳。ついにゲーム舞台となるが…な話。8歳から諸々すっ飛ばしたのは驚きだが、成長したおかげで学園ラブコメに進化したの素敵。ウルシュ君が頻繁に見舞われるラッキースケベ…そこから繰り広げられる理性と煩悩のガチバトル美味しい。腹黒策士が惚れた女子に翻弄される図はたまらない。私、こういう関係性大好物だったわ…。イザベラも意図的と無意識の合わせ技が絶妙。世界の仕組みや敵については相変わらず壮大っぽいが、無双カップルなので全く心配なく、どう決着するかが楽しみ。2021/01/26

shiro

4
大きくなって学園に入学した二人。未来からの介入や色々な思惑が絡み合いつつ、ウルシュ君のためにがんばるイザベラ。テンポがいいのでサクサク読める。続きがとっても気になる。2018/12/15

りおる

3
3巻は展開がすごい。衝撃もすごい。目が離せない巻でした。 マリエタの回想で1、2巻でなんでこんなに妹に厳しいんだろこのお兄様って位の感想しかなかったダイモンお兄様の株が私の中で急上昇。そしてイザベラとウルシュくんの可愛らしいラブにニヤニヤでした。

ちいたけ

2
入学式。ずいぶん成長したわねえ。間の話も読みたいわ~。2018/12/14

asaasa

1
★★★☆☆2018/12/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13275416

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。