富士見ファンタジア文庫<br> ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)〈12〉

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)〈12〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月21日 05時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 376p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040727226
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

魔術学院前学期休み! 極寒のスノリア旅行!一面の銀世界。長期休暇を利用して、スノリア地方へやってきたグレン一行は、伝統行事の銀竜祭に参加する。そこで女学院の生徒たちと再会することになるのだが、グレン・デート権を賭けて雪合戦大会をすることに!?

羊太郎[ヒツジタロウ]
著・文・その他

三嶋 くろね[ミシマ クロネ]
イラスト

内容説明

待ちにまった学院の前学期休み。早速、家に引きこもろうとするグレンだったが、セリカの強引な誘いによって、極寒のスノリア地方へ旅行にいくことに。「ねぇ、アルフォネア教授…私達と勝負しませんか?」旅行中、グレンを独り占めするセリカに見かね、グレンデート権を賭けて、雪合戦大会が勃発!?偶然居わせた女学院の生徒たちも巻き込み、伝統行事・銀竜祭へ参加するのだが…。「やらかしたもんは仕方ねえ、お前の償いを手伝ってやるよ」銀竜祭にまつわる逸話と、セリカの失われた過去。二つが交わる時、滅びゆくスノリアの運命に、グレンは立ち上がる!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

37
学院の前学期休み。セリカの強引な誘いによって白猫たちも連れて極寒のスノリア地方へ旅行することになったグレン。銀竜祭へ参加する彼らの前にセリカの過去と因縁が立ちはだかる第十二弾。最初はイヴ再登場に危機感を募らせるルミアたちでしたけど、いろんな意味でインパクトが強過ぎて他のヒロインたちを圧倒するセリカのラスボス的存在感は脅威ですよね…特に白猫はもっと自覚持って頑張れw 物語の核心に絡んでいそうなセリカの過去もそうですが、それを踏まえて物語がこれからどんな方向に向かうのか、少しばかり気になったエピソードでした。2018/07/20

まりも

34
セリカやシスティーナたちと訪れた雪の国スノリアで事件が起きるシリーズ第12弾。最強無敵の魔女の魅力をとくとご覧あれ。そんな感じで今回はセリカのターン。美女が子供みたいにはしゃぐ姿ってなんでこんなに輝いてみえるんだろう。グレンとの絆も再確認できてとてもいい感じでした。魔法を使った雪合戦で息抜きをし、ド派手なバトルでキッチリ締める。ここら辺の緩急も効いてて非常に良かった。遂に黒幕が姿を現し、またセリカも意味深なセリフを発したりと物語もここに来て一気に動き出し始めた訳だが、果たしてどうなる。2018/07/23

しぇん

27
スポットが当たると主役にもヒロインにもなってしまうセリカさんを中心とした話。秋休みにきた旅行先で巻き込まれる事件はセリカの過去と密接に関係していてと。物語のキーになりそうな人物も登場と見所がおおかったです。このまま加速していって欲しいですね。2018/09/30

真白優樹

19
長期休暇となりセリカの誘いで雪国へ出向く中、意外な再会と過去との邂逅が待つ今巻。―――雪煙に煙る、あの日の記憶と今の記憶。雪国を舞台にセリカが大暴れ、そんな微笑ましい空気が漂う中、徐々に不穏が澱み結実し、目覚めた過去からの災厄が吼える。そんなグレンとセリカ、二人の絆が雪に映える、更に燃える熱さの楽しめる今巻。だが、セリカの発言は不穏な気配を招き、舞台裏で躍動する者は舞台に顔を見せる。終焉への欠片が散らばり、芽吹き始める舞台はどこへ向かうのか。終わりの場所で待つ戦いの相手とは。 次巻も須らく期待である。2018/07/25

ツバサ

18
セリカはグレンと結ばれる気があるなら、とっくに結ばれてるよな笑 あくまで、ヒロインたちの恋敵の頂点に立つ存在に落ち着くんだろう。あと、物語的に終わりに向かっているのが分かるから、続きを期待しよう。2018/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12958256

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。