カドカワBOOKS<br> 聖女の魔力は万能です〈4〉

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

カドカワBOOKS
聖女の魔力は万能です〈4〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月02日 14時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040726175
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

“聖女の魔力”が発動可能になったセイの次のミッションは、貴重な薬草が群生する森の浄化だった。力自慢の騎士団や傭兵団に守られ安心しながら森を進んでいると、現れたのは、物理攻撃に強い『あの』モンスター!?宮廷魔道師団に援軍を要請し、セイは討伐のための準備を着々と整えていく。携帯食を作ったり、薬草を育てたり…って違う、これは趣味だったわ。ともあれ、準備は万端!心強い援軍とともに、聖女パワーで枯れゆく森を救いに出発!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

瀧ながれ

25
〝聖女の術〟の発動条件がわかり、薬草などの発育に有効だと判明。焦土と化した森の早期再生に活用した場面は、うつくしくて感動した。タイトルに偽りなくといえばその通りなんだけど、〝聖女〟がなんかすると期待以上の効果を発揮して周りが彼女を崇拝して多彩なイケメンが集まってくる、というパターンになってて、そろそろなんかトラブってもいいのよ?とか思うわたしがいます、ゴメン。2021/06/12

しまふくろう

25
続けて購入。珠梨やすゆき先生の描く女の子は相変わらず可愛らしくて大変宜しい。 物語は先代聖女が居た領地を浄化する話。ポーション、魔力付与ときて今回は土に祝福と、出来ることが増えて来てるなあという印象。 ホーク団長は独占欲が強いのか過保護なのか、どっちなんだろう。2019/05/27

Fuji-san

18
点5/5。今回もセイ無双が痛快です。作者さん曰わく、この作品は恋愛ものだそうなのですが、限りなく俺TUEE系に近いような。今回は討伐メインのため仕方がないのかも知れませんが、相変わらずホーク団長の出番が少なすぎて、恋愛パートが全然ない。ちょこちょこセイを赤面させてはいるのですが、やってきた例の問題児が目立ちすぎて、余計に影が薄く…。頑張れ団長。さらにはおまけの短編ではまたこじれそうな一幕が。ブルーグレーの石のついたペンダントって…そういうことだもんなぁ。2020/02/18

おにおん

17
前巻に引き続き、クラウスナー領でセイが聖女としてバリバリ働く第四巻です!セイが聖女として活躍する姿も魅力的でしたが、合間合間に入る師団長や団長とのやりとりが微笑ましかったです。聖女としての働き一辺倒にならないように配慮されていて、本作の魅力を引き立たせていました!物語が一段落したので、次巻ではスローライフ展開や団長との恋模様が描かれることを期待しています。2021/05/08

TAMA

15
webで読んでたもんなーと思いながら読み切って、ここで登録しようとして紙媒体でも既読だったことに気が付く。記憶がざるな自分に反省するのと何回でも新鮮に読める自分がお得だなあと思った2020/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13716747

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。