富士見ファンタジア文庫<br> ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)〈11〉

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)〈11〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月21日 05時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 365p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040724201
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

宮廷魔導士団イヴ=イグナイト、学院講師へ転身!?《フェジテ最悪の三日間》を受けた富国強兵の流れによって、魔術学院に新学院長が就任する。武一辺倒の教育改革にグレンは反発するのだが……。そんな折、前の戦いの失態から、イヴが学院に左遷されてきて!?

羊太郎[ヒツジタロウ]
著・文・その他

三嶋 くろね[ミシマ クロネ]
イラスト

内容説明

“フェジテ最悪の三日間”から始まった富国強兵の流れによって、アルザーノ帝国魔術学院に新学院長が就任する。武一辺倒の教育改革にグレンは反発するのだが…。そんな折、先の戦いの失態から、イヴが学院に左遷されてきて!?「いいわ。私も貴方に力を貸してあげる」―戸惑うグレンをよそに、改革の是非を懸けた『模範クラス』との決闘に向け、強化合宿を敢行。道を失ったイヴは、生徒たちとの交流を通じて、自分が本当は何を為したいのか気づきはじめ…。改革に伴う裏学院の開放。学院創世の闇に触れた時、代償とするのは、誰がための命―。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

42
富国強兵の波がアルザーノ帝国魔術学院にやってくるシリーズ第十一弾。第3部開幕。ポンコツ上司にして作者から可哀想な目にあっているヒロイン・イヴが学院の教師としてやってくる。第3部の一発目は原点回帰というか、ひっさしぶりの学園を舞台にしたストーリーでした。これまで散々だったイヴにようやく陽の光が当たっただけじゃなく、久しぶりに生徒達の成長を感じる事が出来たのは嬉しい限り。イヴもようやくヒロイン戦線に参戦か。禁忌経典の謎も深まり、果たしてここからどうなるのか。次巻も楽しみ。2018/03/22

むっきゅー

41
ツンデレの魅力が詰まった11巻。あのポンコツ上司・イヴが左遷され、学院の同僚講師として着任。同時に武断派の新学院長も着任するが、従来の教育方針を全否定。自らのクビを賭けて、互いの生徒同士の模擬戦で決着を着けることになったグレンは、イヴとの二人三脚で二組の生徒を鍛え抜く。完全に自信を失っていたイヴが、グレンの背中で大泣きするシーンは破壊力ありすぎ。イグナイト家の重圧から解放されたイヴが、生徒からの信頼を得ていく姿に胸アツ。とんでもない最強ヒロインが爆誕してしまった...。2018/03/23

よっち

41
帝国魔術学院の新学院長就任から始まった武一辺倒の教育改革に反発するグレンたち。そこに先の戦いの失態でイヴが学院に講師として左遷されてくる第十一弾。グレンのクビを賭け新学院長率いる模範生と勝負することになった生徒たち。これまでは家にこだわって空回りばかりだったイヴでしたけど、今回は生徒たちの力を底上げして慕われるようになって、一方でグレンとの不器用な関係も少しずつ変わりつつあったりと、これまでの印象と随分変わりましたね。白猫やルミアの危機感を刺激した強力で頼れるライバル出現に今後の展開が楽しみになりました。2018/03/20

真白優樹

25
富国強兵の流れにより学園に改革が起きる中、左遷されてきたイヴと共に改革を阻止する為戦う今巻。―――その命は誰が為、その願いは何の為に。新章開幕、同時に前巻までの事件が尾を引き容赦ない嵐となる今巻。そんな中、何もかもを見失ったイヴは何かを見つけ、グレンは裏の学園から真実の一端に触れる。正しく新たな始まり、そして大きな変化の始まり。更なる波へ向けての溜め、それでもここまで心が踊るのは、ここまで共に駆け抜けてきたからの筈である。遂に始まる第三部、逃れ得ぬ変化の先に待つ世界の未来とは。 次巻も須らく期待である。2018/03/20

ゆうこりん

22
イヴ復活回。これまでいいとこなしで、やられっぱなしの印象しかなかったイヴが、先の戦いの失態から学院へ左遷される今巻。グレンや生徒達に触れたことで、また立ち直るきっかけになってよかった。そしてまた1人恋のライバルが増えたのだった。2018/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12688993

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。