富士見L文庫<br> エール!!―栄冠は君に輝く

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見L文庫
エール!!―栄冠は君に輝く

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 250p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040723969
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

幼い頃からエースとして活躍し、幼馴染みの武蔵と甲子園を目指していた勝利。しかし、怪我によってその夢は潰えてしまう。野球を嫌いにもなれず、自分の居場所を探す勝利が見つけたのは、古ぼけた応援旗だった――。

内容説明

千葉県の野球強豪校、西陵学園。リトルリーグの頃からエースナンバーを背負っていた勝利は、高校でもエースとしてチームを引っ張っていた。…半年前までは。故障で野球が続けられなくなり、部も辞め、幼馴染みで主将の武蔵とも険悪なまま3年に進級した勝利。そんな彼の目に飛び込んできたのは、埃を被った深紅の応援旗だった。野球を嫌いになれない勝利は応援団として甲子園を目指そうとするが、武蔵はそれを野球との決別と感じてしまい―。この夏は、一度きり。全力投球の青春物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツバサ

5
読み返さないだろうけど、良い読後感でした。2017/08/19

なぎ

5
怪我により挫折を経験した元野球部エースが今度は応援団となって野球部を支えていこうと決意するまでのお話。勝利の野球に対する真っ直ぐな気持ちを眩しく感じました。だからこそ自暴自棄になってしまうのも仕方ない。応援団を結成して武蔵達を支えようとよく気持ちをスライド出来たなと思います。悩む勝利を支えた陽太郎や彩夏との友情関係も素敵。しかし武蔵の勝利に対する執着というか友情が深いですな。最後に二人で野球をして互いの夢を語り合いながら泣く場面が印象的。勝利の「俺を甲子園に連れていけ!」が良かった。2017/08/15

格子

3
僕は小中学生の時に野球をやっていて、高校生になると坊主が嫌でやめた人間だ。本当はそんなに野球が好きじゃないってことを自分では気づいてたので間違った選択じゃなかった。今も試合観戦すら滅多にしない。 でもこの本を読んで、野球をしてた時の一場面一場面が蘇った。当時頑張ってたのは確かで、今の自分を形成する重要な時間だったんだなあと思わせてもらえた。 2020/02/11

bluets8

3
故障で挫折した元エースの少年が立ち直る様子を描く青春小説。一緒に応援団をやることになる仲間二人のアドバイスや行動に引っ張られる形で復活していく主人公の姿が微笑ましい。と、親心で読んでしまった。もう一つの大事な要素として、ずっと一緒に野球をやってきた親友との関係の変化と変わらぬ友情の話があるのだけど、こっちがちょっと……。親友・武蔵がBLかつメンヘラっぽくて受け入れ難い。2017/08/16

もち

2
野球部エースが故障で野球ができなくなり、その後応援団を作って別な形で野球に関わっていく物語です。幼馴染との関係や、新しい仲間とのつながりをとおして自分を知っていき、最後は一回り以上大きくなっているような物語です。こういうベタな展開は嫌いではないので、安心して読むことができました。終わり方もよく、一冊完結のいいお話でした。2018/08/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12103534

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。