富士見L文庫<br> あやかしお宿から攫われました。―かくりよの宿飯〈4〉

個数:
電子版価格
¥726
  • 電書あり

富士見L文庫
あやかしお宿から攫われました。―かくりよの宿飯〈4〉

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年04月14日 03時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 368p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040709390
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

折尾屋に攫われた葵。窮地を突破する秘策は――ゴーヤチャンプルー!?天神屋のライバル宿・折尾屋に攫われてしまった葵。共に連れてこられた銀次のことが気になり、チビの力を借りて地下牢から脱走しようとするのだが、立ちふさがった折尾屋の旦那頭・乱丸に無理難題を出され……!?

友麻碧[ユウマミドリ]
ゆうまみどり。福岡県出身の小説家。Webでこっそり連載していた小説が支持を得て、『僕の嫁の、物騒な嫁入り事情と大魔獣』(アルファポリス)にて書籍デビュー。代表作は『かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。』(富士見L文庫)など。

Laruha[ラルハ]

内容説明

あやかしの棲まう“隠世”の老舗宿「天神屋」で食事処を切り盛りする女子大生の葵。突然やって来て銀次を連れて行こうとするライバル宿「折尾屋」の旦那頭・乱丸に楯突いた結果、彼女は南の地に攫われてしまう。こそっとついてきたチビの力を借り、地下牢から脱走しようとする葵だったが、その前に乱丸はじめ「折尾屋」のあやかしたちが立ちはだかり―。銀次と一緒に「天神屋」に帰るため、四面楚歌の状況を打破すべく葵が考えた秘策とは…ゴーヤチャンプルー!?

著者等紹介

友麻碧[ユウマミドリ]
Webにて連載していた小説が支持を得て、『僕の嫁の、物騒な嫁入り事情と大魔獣』(アルファポリス)にて書籍デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

た〜

114
えっと、ゴーヤチャンプル秘策?(閑話休題)これでもかというくらいに飯テロ目白押しで、話を進める暇があるのか心配になるが、ちゃんと進んでいく。前巻の最後からは想像つかない方向に向かって読者を飽きさせない。新キャラアイちゃん期待度高、大旦那様がおちゃめな側面でメインヒーローレースに猛ダッシュなど、登場人物に関する事柄も色々見せてくれる。2016/06/18

りょうこ

94
攫われちゃいましたなぁ(笑)でも敵陣でも逞しい葵がすごい..そして大旦那さまが可愛くなってきた!銀次さん派だったけど..こりゃ大旦那さまに乗り換えようかな?(笑)毎度毎度お腹が空くのはもう耐えるしかない!2017/05/23

ひめありす@灯れ松明の火

87
何処へ行っても葵はご飯を作る事に真剣で、何時でも楽しそうで、凄く安心します。きっとそれは彼女の生い立ちに起因する物なのだろうけれど。なんだかんだ言って折尾屋でも受け入れられている様が微笑ましい。そして大旦那様は鬼じゃなくて本当は駒戌か何かのあやかしじゃないかしら……。パタパタと振られる尻尾が見えるようです。でも、今回は少し二人が親密な感じがしました。報われましたな!九州の甘いお醤油もご縁があって食べてみました。白身のお刺身だとまったりした感じが強くなって面白いし私は好き。炭水化物との相性は鉄板と思われます2016/07/27

スズ

86
<折尾屋編>の上巻です。折尾屋へ攫われた葵でしたが、銀次や葉鳥に庇って貰い、酷過ぎるような仕打ちは受けなかったので良かったです。大旦那様が来た時は葵と同様に、すごい安心感を感じました。サバジャガ、もんじゃ、タコのゴーヤチャンプルー、フルーツ入りどら焼き、がめ煮等、今回もおいしいご飯が一杯でした。松葉様が葵を溺愛しすぎていたり、アイちゃんがギュッと抱きついてきたり、思わず頬が緩んでしまいました。大旦那様は葵にパシらされたり、料理を手伝ったりしていましたが、本人が幸せそうだったので良かったのかな(笑)2016/09/10

hirune

73
天神屋からライバルの折尾屋に攫われて座敷牢に閉じ込められピンチな葵…でもなんか意外と待遇良いじゃん?従業員は感じ悪くて虐められるけど、そんなんで凹むタマじゃないもんね?凄く美味しそうな料理を作っては振る舞い、その合間に折尾屋の抱える問題を解決していく。妖たちは葵がいなきゃ全然ダメって、威張ってないでお礼の一つも言いなさいよ!と言いたくなる^^; それにしても、ブリの漬け丼、美味しい筑前煮、食べた~い☆2017/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11006354
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。