富士見ファンタジア文庫<br> いづれ神話の放課後戦争(ラグナロク)〈5〉魔眼の王と狂神咆哮

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
いづれ神話の放課後戦争(ラグナロク)〈5〉魔眼の王と狂神咆哮

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 297p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040708997
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

代理戦争、佳境! 殺戮の太陽を撃ち堕とせ!!ギリシャ神話の代表神アポロンの正体が明らかになり、雷火は対ケツァルコアトル総力戦をもちかける。だが、昼の学園に『大量の』ケツァルコアトルが出現し、窮地に陥る。殺戮の神を滅ぼす鍵は、清き乙女の決意――

なめこ印[ナメコジルシ]
主な著作に「俺と彼女が下僕で奴隷で主従契約」「俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!?(HJ文庫)」がある。

よう太[ヨウタ]

内容説明

七つの神話の力を手にした生徒たちによる神話代理戦争―放課後、孤島の学園で、異端の少年は神々への復讐を誓う―。ついに雷火は、ギリシャ神話代表神・アポロンの正体を明かした。一触即発と思われた最中、天華が割って入る―「あたしとデートしよっか、おにいちゃん」「…はあ?」心の底からはしゃいでいるようにみえる天華、その真意を雷火は掴めない。味方であるはずがないのに―心配をよそに、昼の学園にケツァルコアトルが現れた。しかも複数!?生徒たちを襲い続ける敵の群れを、雷火率いる“神軍”が迎え撃つ!!神話代理戦争、佳境!滅びの太陽を撃ち落とせ!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナカショー

15
対ケツァルコアトル戦決着。やっぱりゼウスは好きになれんな。次巻も楽しみです。2017/09/24

ツバサ

14
次巻で終わりそうな感じだけど、コミカライズが始まるから続くのかな?いろんな意味で次巻が気になる。2016/12/21

しぇん

12
fgoのせいでケツァルコアトルをルチャ好きの神様で思い浮かべてしまいます。ケツァルコアトルとも活着が着き戦争はいよいよ佳境へ。そろそろ完結のはずですが、引き伸ばし展開きたりするんでしょうか?2017/01/03

真白優樹

12
妹の身体を乗っ取ったゼウスとデートする中、狂った神が襲撃をかける今巻。―――太陽輝く空に狂神は咆哮し、雷火は戦いを開始する。対ケツァルコアトル戦となる今巻は、雷火が自らの勢力のみで昼の学園で激闘を繰り広げる巻となっている中、新たな謎が示され、そして最後に波乱が巻き起こる展開となっている。全力を尽くし戦う中、自らを許せず揺れる雷火。そんな彼に戦乙女は想いを告げ、そして天の主神は静かに動き出す。いよいよ終幕への幕が開く中、その雷鳴の一撃は新たな悲劇の引き金か、最終決戦の号砲なのか。 次巻も楽しみである。2016/12/20

物心

8
おにいちゃんデートしよっか。揃った各神話の参加者。そして近づく1つのクライマックス。VSケツアルコアトルは相手の能力が能力だけに苦戦したなという印象。やはり最後はVSゼウスになるんか。次巻で一段落になりそう。2017/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11236740

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。