富士見L文庫<br> 奇貨屋(きっかや)フヨウ庵のお客たち

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見L文庫
奇貨屋(きっかや)フヨウ庵のお客たち

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040708683
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

奇貨屋・芙蓉庵。その店は心に傷を持つ客が訪れる、業を扱う奇妙な雑貨屋。

必要とした人しか見つけることができないが、そこに行けば確実に必要とする品が手に入るという、奇妙な雑貨屋「奇貨屋・芙蓉庵」。そこで働くことになった青年遼太が見たのは、訪れる客が心に抱える傷と闇だった。

【著者紹介】
HASH(0x3cf2ae8)

内容説明

奇貨屋芙蓉庵―それは不思議と見つけづらい路地にひっそりと建ち、そこを必要とした人しか訪れることができないが、そこに行けば自分が必要とする物は必ず手に入るという奇妙な雑貨屋である。偶然か必然か、店主の緋奈に気に入られ、芙蓉庵で働き始めた冴えない青年・志禾遼太。そして遼太は、訪れるお客がなにかしら心に闇を抱えている人々ばかりで、店が売る品々すべてが、いわくありのアブナイ品であるということを知るのだった。今日も業を背負ったお客が、芙蓉庵の扉を開ける。

著者等紹介

阿澄森羅[アスミシンラ]
第24回ファンタジア大賞でラノベ文芸賞を受賞し、『諸事万端相談所まるなげ堂の事件簿』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

35
残念ながらいまひとつはまれなかった(ごめんなさい)。もっと店主の緋奈を中心に持ってきたほうがいいのかな。2016/07/07

マカ

9
最近この手の話が多いな~と思いつつ、まぁ、自分が似たような作品を手に取ってるだけかと(笑)読んだことがあるような感じがするからなのかイマイチ感が抜けない。けど謎もまだ回収されてないから続編があるんだろうな。取り敢えず出たら読んでみよう。結論はそれからだ。2016/07/27

チェス

4
ちょっとワタシにはムリだ!2021/09/17

nepo

3
ブラック企業に就職したもののすぐに辞めてバイト生活の主人公。 彼女にも逃げられ、友人に勧められて行った先は・・・ 読んでいてビブリアと付喪堂骨董店を思い浮かべました。 ぽつぽつ出てくる伏線が全く回収されていなかったので続編ありきなんでしょうね。 主人公はまっすぐ系、店主はミステリアス系、似たような設定の物語が多い中、抜きんでるのはどれなんだろう?2016/05/16

左京大夫

2
ビブリア古書堂以後濫造された作品のひとつ。内容は可もなく不可もなく、といった感じですが、ストーリーも登場人物も非常に記号的で既視感しかありません。ありふれた設定なのか、それとも設定そのものがジャンル化しつつあるのか。いずれにしても、もう少し作品の核になるものが欲しかったです。2019/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10770384

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。