富士見ファンタジア文庫<br> いづれ神話の放課後戦争(ラグナロク)〈2〉魔眼の王と三神同盟

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
いづれ神話の放課後戦争(ラグナロク)〈2〉魔眼の王と三神同盟

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 379p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040707228
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

闇夜に閃光が疾る――それは神話代理戦争、狂宴の狼煙!!

救うと誓った妹との再会は、神話代理戦争に臨む雷火の運命を変えた。ブリュンヒルデ、フレイヤと同盟を結んだ雷火は、すべての代表神を《支配》するため、動き出す。その頃、学園内では生徒失踪事件が頻発し――。

内容説明

七つの神話の力を手にした生徒たちによる神話代理戦争―放課後、孤島の学園で、異端の少年は神々への復讐を誓う―。妹と再会を果たした雷火だったが、その身体はすでにギリシャ神話の主神ゼウスによって奪われていた!激しく復讐の炎を燃やす雷火は、すべての代表神を『支配』し、この戦いに終止符を打つ決意を固める。一方で、学園での生徒連続失踪事件を皮切りに、他の神話勢力もついに動き出す!異次元の戦力が交錯するなか、数段神格の落ちるブリュンヒルデ―だが、雷火との絆が新たな覚醒を呼ぶ―!!「私は、お前の剣だ…!」本格化する神話代理戦争、狂宴の狼煙は今昇る!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナカショー

26
前回みたいに魔眼最強で済まないメンドクサイ敵が出てきて、俺TSUEEEだけじゃなくなったのが良かったです。相変わらずこの作品に出てくる神共は自分勝手で呆れますね。さて、どの様に攻略していくのか楽しみです。2016/04/23

サエズリ割津

18
面白かった。ゼウスにアポロン、スサノオと神話の神々が登場し、白熱する神話代理戦争第二弾。体制からも見限られ、よりどころとするものが雷火しかなくなったヴリュンヒルデのいじらしさがかわいらしい。それからバロールと雷火の下らないやり取りが面白いのでもっと増やしてほしい。今回はつなぎの感じがありますが、次巻は大きく展開しそうで楽しみ。2015/12/24

しぇん

18
神話大戦二巻。直ぐ終わってしまうかな?と思っていましたが今巻は複数の神達が登場してきたけど決着は一神もつかない展開に。といっても次で二つは決着つきそうですが。個人的には一巻が駆け足感があったので今のペースの方がよいかな?と。といっても一巻では盛り上げ所必要ですからこれで良いんでしょうね。2015/12/20

ツバサ

17
今回はエロ少なめで終始シリアスな展開。妹が近くにいるのに救えないもどかしさや、マリアが攫われて焦る雷火が情緒不安定になってて心配だったけど、ブリュンヒルデの行動や決意に助けられて良かった。雷火が最強じゃなくて弱い部分があるということが分かって安心した。この巻では決着がつかなかったけど次巻でパパッと爽快に決めてくれるのを期待します。2015/12/23

晦夢

16
もっと魔眼つかってえっちな命令してもいいんやで。今回はいろんな神の顔見せ的な感じで神話としても結構揃いつつある。ここからどんどん衝突が起きてきそうで楽しみである。2016/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10017074

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。