富士見ファンタジア文庫<br> いづれ神話の放課後戦争(ラグナロク)―魔眼の王と屈服女神

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
いづれ神話の放課後戦争(ラグナロク)―魔眼の王と屈服女神

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 361p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040707211
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

放課後、絶海の学園で、密かに行われる神話代理戦争――7つの神話の神々をその身に宿す適合者たちは、世界の掟〈唯一神〉の座を争う。だが一人イレギュラーがいた。神々に復讐を誓う魔眼使いの学園生活が今始まる!

内容説明

かつて地上に顕れた七つの神話の争いは、地を割り、空を裂いた。終結から十年、災厄は消え去ったはずだった。しかし―。先の戦争で神々に実の妹を奪われた少年・神仙雷火は、絶海の孤島にある『学園』に降り立つ。ここでは、夜時間と呼ばれる放課後、神格適合者による『神話代理戦争』が行われていた!初夜、北欧神話の女神ブリュンヒルデに襲撃され、死を目前にした雷火は、忌むべくはずの神話の力、復讐の力を手に入れた。「俺に隷従え。腕や足はおろか、指一本、魂にいたるまで!!」絶対支配、バロールの魔眼をもって、超越なる神々から世界を奪り戻せ。いづれ新たな神話を刻む学園ヒロイックサーガ!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

θ(シータ)

98
「シャロ先輩ホントかーわいーなー。もっといじめたくなっちゃうよ」かつて地上に顕れた七つの神話の争いーー神話戦争。その戦争で妹を奪われた少年はある決意を胸に抱く。そして、今、ある学園の放課後で『神話代理戦争』の扉の幕が開くのだった…。芸達者の魔眼使い、デレデレな先輩、ヤンデレ気味な後輩など個性様々なキャラ付けで中々面白かった。前作からのエロさも引き継がれてるし今後もさらなるエロ展開を期待。女の子が魔眼で支配され強制的に服を脱がされ下着も脱がされ辱めを受ける姿には眼福、眼福。星5つ【⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】2016/03/10

ナカショー

27
面白かったです!かつて起きた七つの神話の大戦により妹を失った神仙雷火が神への復讐するため自身に備わった魔眼の力で神達を支配していく…という話。雷火の魔眼の能力が使い勝手があって便利そうでしたね。その分制約があるけどそれを補って有り余るくらいに便利そうです。キャラも非常に魅力的で特にブリュンヒルデが魔眼で支配されて辱めを受けるシーンは眼福です。(ゲス顏)続きが非常に楽しみです。2015/08/25

丹羽宗太郎

21
各神話の神々達が『唯一神』を目指して人間を依り代にして代理戦争を行う神話代理戦争。その戦争に運命を翻弄される少年少女の物語。 内容や設定はあるあるだが、文章が読みやすく気が付けば読み終えていた。 ヒロインのシャルロッテ先輩がドジ可愛い。しかし個人的には先輩の中のブリュンヒルデが凛として格好いいから好きです。次巻も読みたいと思います。 2019/08/17

真白優樹

21
神々の代理戦争が行われる学園で復讐を誓う主人公が異端なる神と出会い始まる物語。うん、素直に面白い。特にキャラがいい感じに立っていると思う。雷火の甘ちゃんな部分もいいと思うしシャロ先輩の可愛らしい部分もいいと思う。また魔眼の力も幅広く面白いので、今度は人間なりの力をもっと見せてほしい。というか一人だけ苗字がないと思ったら・・・倒すべき敵は明確な以上、この先どう戦っていくのだろうか。倒した神々を従えどのように戦っていくのか。立ちはだかる神々とは一体。まだまだ謎は多そうだし楽しみである。 次巻も楽しみである。2015/08/21

アダム

19
おもしろかった。2巻も買う予定2015/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9787623

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。