富士見ファンタジア文庫<br> フルメタル・パニック!アナザー〈11〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
フルメタル・パニック!アナザー〈11〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月29日 19時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 307p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040706689
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

避難民を守りながら逃避行を続ける達哉たち。満身創痍の彼らの前に、ナタリアと〈ケントゥリア〉部隊が立ちはだかる! 〈レイヴン〉不在、絶望的な戦力差の中を達哉とリーナはどう切り抜けるのか!?

内容説明

オルカンの悪意を紙一重ではね除け、奇跡的な再会を果たした達哉とアデリーナ。しかし、それを喜ぶ間もなく、国境を越えたガルナスタン軍によるアフガニスタンへの侵攻が始まる。アフガン軍とともに避難民を守りながら、援軍も補給もない逃避行を続ける達哉たちだったが、そんな満身創痍の彼らにミハイロフ・ナタリア率いる“ケントゥリア”隊の奇襲が迫り―生き残るため、民間人を救うため、そしてリーナを守るため、達哉は崖っぷちの戦場に立ち向かう!“レイヴン”不在、絶望的な戦力差を前に活路を開くことはできるのか!?起死回生のSFミリタリーアクション、背水之陣!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まるぼろ

26
次巻が最終巻と言う事で物語もいよいよクライマックスに突入です。アフガニスタン軍とヘラート市までの後退戦を続けていた達也達だったが、ヘラート市でも激戦になるも新生D.O.M.Sと合流を果たし…と言うお話。今巻でリーナも自分の気持に気付きましたが、達也とリーナと菊乃とどんな関係になるのか…w そしてやはりラストでのトゥリヌスに起こった現象はやはりラムダ・ドライバの…。どう転んでもオルカンには破滅への道しか残ってない気もしますが、あと1巻で達也達の物語がどうなるのか楽しみです。それとマオ社長が無事で良かった…w2016/01/12

トルコネ

22
ついに出た!出てしまった〇〇〇・〇〇〇〇!何?このチートシステム!こんなの普通に使ってた無印の頃って敵も味方も超強かったんだねって再実感。はたして今後、これに対抗するために達哉とレイヴンのさらなる覚醒があったりするんだろうか?今回、色恋沙汰の進展もあったがこれは個人的には興味なし。しかしもう11巻か。盛り上がってきたけど好きな作品だからこそ早く話畳んで欲しいというのもある。・・・あ、それより何より、帯の10月24日“「フルメタ」重大発表アリ!”ってのが気になって仕方がない!まさか・・・四期じゃあるまいな?2015/10/14

メガネ

15
ラム〇ドライバきたー。(笑)お話もいよいよクライマックス。 次の12巻で完結させるらしいので、書き手も読み手も納得のいく最終回になることを願う。 とはいえ、本当に12巻で完結できるのかとあとがきを読んでいて思った。上下巻にわけて出すんじゃないかと。(笑)2015/11/28

真白優樹

13
撤退戦を経て最終決戦へと向かう今巻。・・・遂にあの「機構」が出てきてしまった訳ではあるがこれ、勝ち目はあるのだろうか。敵は一気に強化された訳だがこちらは満身創痍だし・・・そして「彼」の進化もまた止まらない、進化の先に何があるのかどこまで行こうというのか。呆気なく決着のついた師弟の戦い、ある意味腐れ縁な二人の戦いも含め最終決戦に相応しく戦いが山盛りであり否応なく熱くされその熱さのまま駆け抜けていく。・・・追い込まれた達哉達、だがここで「彼」を倒さなければ待っているのは最悪な結末・・・ 次巻も楽しみである。2015/09/20

しぇん

12
難民を護衛しながら逃走も終えついに最終決戦に突入。激しい戦闘は幾つもあったのですが、ストーリーを進めるのが忙しかったのか何時ものような熱さを今一感じなかったです。狂ってるオルカンの不気味さが気になっていたせいかもしれませんが。本編のあのシステムも登場しましたが、あれは万能すぎる気がするので腕勝負にするのが難しそうですが最後の戦いには期待したいです。後、ヒロイン競争で置き去りにされた感のリーナのてこ入れもありましたが、菊乃の方が好みなので……。とはいえラスト1巻。物語がどのような結末を迎えるのか楽しみです。2015/11/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9855858

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。