富士見ファンタジア文庫<br> 冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた Girls Side

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた Girls Side

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月06日 12時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 232p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040705200
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

澤村・スペンサー・英梨々。外交官を父に持つハーフお嬢様にして美術部エース。その裏の顔は、人気同人作家・柏木エリ。霞ヶ丘詩羽。学園トップの成績を維持し続ける孤高の才媛。その裏の顔は、人気ラノベ作家・霞詩子。…そう、これは『安芸倫也の知らない世界』の物語。二人の出会いと、そして冬コミの後の「あの決断」の裏側を描いた、少女たちの側の物語。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

67
英梨々と詩羽。倫也がいなければ出会わなかったかもしれない二人の出会いと、冬コミ後の二人の決断の裏側を描いた番外編。初邂逅が倫也絡みとはいえ直接介したものでなかったのがやや意外でしたが、彼女たちは力量のあるクリエイターであって、倫也が彼女たちにとって大切な存在だとしても、それと一緒にサークル活動を続けていくべきかはまた別の話と自覚するまでの過程だったのかなと。納得というか仕方ない話と感じましたが、これで今後の人間関係がどうなっていくかですね。タイトルの「冴えない彼女」の意味、実は思っていた以上に深いのかな。2015/02/20

まりも

65
英梨々と詩羽の出会いと7巻の裏について書かれた中編2本からなる話。紅坂が何故二人を求めたのか、二人は何故紅坂の側に行こうとしたのか。その理由が分かる今回は何もかもが凄まじいの一言。これはクリエイターの二人が主役だからこそできた話ですね。紅坂朱音のラスボス感がすごいわ。挿絵の使い方も最高で、ここぞという時に入ってくるので惹き込まれっ放しでした。倫理達サークル組と紅坂組がぶつかり合う第二部が速く読みたいです。2015/02/21

とら

62
英梨々と詩羽先輩の出会いと、あの衝撃的な七巻の出来事を女性視点で描く物語を収録。出会いの方は、二人ともお互いのこと大好きなんだなあと改めて感じた次第。だってこの後重大な選択を二人でする程お互いを認め合っていたのだから。七巻の裏側の方は、大体想像通りというか、七巻で結構心情は説明されていて読めた感じはあったかな。まあ作者もあとがきで大体言ってくれているけれど、アニメに間に合わせる為ってのが強そう。しかしそれでも少しでも多く読めるのなら構わないと思える作品なので別に苦ではない!確かに言い訳感は少しあるかもね笑2015/10/10

シータ

56
7巻の舞台裏で何があったのか、題名通りヒロインズ視点のサイドストーリーの巻。まず英梨々と詩羽の出会いのエピソードで、二人の関係性がとても良いなぁと感じました。お互いがお互いの事をリスペクトしてるのに素直になれない感がほんと好きw 後半は7巻の補完で引き抜きのあらましで、紅坂朱音さん(ラスボス?)が満を持しての登場。想像以上の人だったわ。ほんと怖い怖い……。最後に方で英梨々が「いつまでもナメられてんじゃないわよ霞詩子……っ」からのくだりは胸熱で好きなシーンでした。2017/02/26

Yobata

51
冴え彼女の英梨々,詩羽のサイドストーリー。表紙の通り英梨々,詩羽の犬猿,龍虎な間柄の二人を描く中編で、二人の出会った話と二人が紅坂朱音に引き抜かれる話の2編。出会う話は「before」でちょっと読んでたけど、本当二人は似た者同士で同じ行動ばっかしてるんだけど、全くもって素直じゃなくていがみ合ってばかりwこれも全部倫也という存在の所為なんだよねw何年越しかわからないけど二人共サイン貰えてよかったねw紅坂との話は7巻での舞台裏の話。やっぱり二人はクリエイター何だろうね…例え紅坂が狂ってるとわかっていても→2015/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9326213

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。