富士見ファンタジア文庫<br> ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)〈4〉

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)〈4〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月28日 02時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040705163
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

自らを兄と名乗る男の言葉を信じ、グレンに致命傷を負わせたリィエル。兄の次なる思惑に沿うよう、その刃はルミアへと向けられ――!? グレン不在、最大の窮地が迎える結末とは!?

内容説明

分かり合えていたはずの想いは、無残にも引き裂かれた。「…実は、わたし、あなた達の敵」「…う、嘘…嘘よ…そんな…」天の智慧研究会の魔の手により闇へと堕ちたリィエル。システィーナの説得も空しく、リィエルは親友ルミアを誘拐し―。一方、死の淵から復活を遂げたグレンは、アルベルトとの帝国軍コンビを再結成。反撃の狼煙を上げる!「…行こうか。頼りにしてるぜ、相棒」「抜かせ、誰が相棒だ。寝言は寝て言え」かつての盟友と、囚われし少女たちの奪還を目指す!

著者等紹介

羊太郎[ヒツジタロウ]
第26回ファンタジア大賞“大賞”受賞の『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

θ(シータ)

108
「来いよ、リィエル!かかって来い!お前はとっ捕まえてーー『お尻ぺんぺん』の刑だ!」天の智慧研究会の魔の手に堕ちたリィエルを奪還すべく、かつての盟友2人が再び共闘し反撃の狼煙を上げる、第4弾。ラノベでは珍しく男2人の表紙だったけどこれは適任だったと思う。特にアルベルト、お前って仲間思いの凄く良い奴じゃん!!内容は王道さもながらの熱い展開続きで興奮が収まらなかったね。その中でリィエルの正体、秘密には驚嘆の一言。徐々に講師としての自覚を持ってきたグレン。でも、ロクでなしはどこいった?w星四つ【⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎】2015/11/27

まりも

63
上下巻構成の下巻。リィエルの裏切りによって瀕死の身となったグレン、かつてない窮地に陥った彼はルミアを助けだし、リィエルを正気に戻すことが出来るのか…な話。超王道の熱い展開で最高に面白かったです。グレンとアルベルト、かつてのコンビが大活躍するシーンはめっちゃ盛り上がりますね。リィエルに隠された秘密は予想以上に重たかったけど、それを乗り越え、3人の友情が確かなものに変わっていく一連の流れもひじょうに良かった。作者さん本当にすごいわ。今後に向けた伏線も増えてきたし、次巻以降の展開もすごく楽しみです。2015/07/19

スズ

58
リィエルの裏切りにより、ルミアが拉致され、瀕死の重傷を負ったグレンは、システィーナの必死の治癒魔術によって一命をとりとめた。グレンはアルベルトと共に、ルミアの奪還と、リィエルを説得して連れ戻すために、バークスや天の智慧研究会のメンバーたちとの戦いに赴く。リィエルは兄の存在に縋り、ルミアたちにひどい事をしてしまったが、それを悔いながらも兄を裏切る事が出来ない葛藤があった事と、二人の少女と「彼女」との約束を守ったグレンが良かった。リィエルは兄に依存してきたが、グレンが彼女の命に新たな意味を与えてくれた。2016/09/20

よっち

58
天の智慧研究会により再び闇へと堕ちたリィエルが親友ルミアを誘拐、死の淵から復活を遂げたグレンがアルベルトとの帝国軍コンビを再結成する第四弾。誘拐されたルミアのことだけでなく、リィエルも諦めないグレンと、口では厳しいことを言いながらも侠気のあるアルベルトのコンビが絶妙でしたね。不安を抱えていたリィエルも、過去を知って向き合ってそれを乗り越えましたし、約束通り失いかけた三人の絆を取り戻した今回も、テンポよくて読みやすい展開が素晴らしかったです。システィはいつかまた一緒に戦えるようになるといいな。次巻も楽しみ。2015/07/18

Yobata

54
突如目の前に現れた“兄”の言葉により、グレンを刺し,ルミアを誘拐したリィエル。瀕死の重傷を負ったグレンはシスティの魔力の甲斐もあって一命を取り留め、ルミア,そしてリィエルを取り戻すため、かつての仲間アルベルトと共に敵地へ乗り込む事に…。学修旅行編,後編。後編はほとんど乗り込んでからの戦闘だったね。序盤のアルベルトvsエレノアもバークスを断罪するアルベルトやリィエルと激突するグレンも熱かったね。かつての元相棒ということで息ぴったりなコンビだった。ルミアを感応受信者として利用していた→2016/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9787699

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。