富士見ファンタジア文庫<br> ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)〈3〉

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

富士見ファンタジア文庫
ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)〈3〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月24日 08時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 297p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040705156
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

遠征学修にあたって、グレン先生から一言!「お前達。サイネリア島は年中通して気温が高く、海水浴は十分に可能……さらに、うちのクラスにはレベルの高い美少女が多い……あとはわかるな?」――待望の水着回!!

内容説明

魔術競技祭後、学修旅行の行き先をクラスに告げたグレンは、男子生徒から神と崇められていた。その理由、ロクでなしを神とまで高めたその旅行先は…リゾートビーチで有名な離島。水着、お泊まり―。グレンに焚きつけられた男達は女子の露わな姿を求め、帝国軍顔負けの作戦を計画し…!?一方、男子を『馬鹿の巣』と揶揄するシスティーナは、ルミアの護衛員・編入生リィエルと仲良くしようとするも…リィエルはそれを拒絶。さらに、その不安定な心に付け入る男が訪れ―。生徒を惑わす闇を払うため、グレンの力が試される!

著者等紹介

羊太郎[ヒツジタロウ]
第26回ファンタジア大賞“大賞”受賞の『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

θ(シータ)

118
「グレンはわたしのすべて。わたしはグレンのために生きると決めた」リィエルううぅぅぅぅぅぅぅぅぅーーーーーーーーーーーーー!!!!!!マジか、あの最後は何となく予感はしてたけど本当にするとは思わなかった…。最初は日常パートで男子生徒の馬鹿騒ぎや水着回でほのぼのしてて面白かったね。特に『楽園』の所はある意味、最高wでも、ページが進むうちに雰囲気が怪しくなり最後には……。初の上下巻という事で前巻よりは際立ったところはなかったけどその分4巻に期待をしときます。システィはやっぱり可愛い!!星四つ【⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎】2015/11/24

まりも

70
ルミアの護衛としてリィエルが学院に編入した中、学修旅行に向かう話。今回はシリーズ初の上下巻構成の様で戦闘は控えめですが、やっぱり面白いですね。前半で和ませ、後半で一気に緊迫感を持たせる。このバランス感覚の良さはもうベテランの域ですね。2巻では顔出し程度だったリィエルの掘り下げをしつつ、ルミアとシスティーナの可愛い姿も見せてくれたので今回も大満足。水着イラストも最高でした。グレンは天の智慧研究会の計画を阻止し、リィエルの闇を払うことか出来るのか。次巻も楽しみです。2015/03/20

よっち

59
帝国軍からルミアの護衛役としてグレンの元同僚であるリィエルが編入し、グレンが生徒たちとともに学修旅行に向かうことになった水着回の第三弾。特殊な生い立ちから軍に入ったリィエルの天然ぶりが炸裂して、だいぶほのぼのとしたムードだった前半ですが、不安定であるがゆえにすれ違ってしまう後半はガラリと変わって緊迫の急展開に。ストーリーとしては王道ですけど、キャラがよく動いて読者を飽きさせない、テンポよく進む構成は流石の一言。上下巻構成の上巻にあたる今巻を見てしまうと、この続きが早く読みたくなりますね。次巻も楽しみです。2015/03/20

まるぼろ

57
今巻はリィエルの学園への転入と「遠征学修」がメインの巻。今巻だけでは完結しない続きものです。ルミアの護衛としてリィエルが学園に転入してくるがそのリィエルには過去に本人すら思い出せないある秘密がある様で…と言うお話。第五章に入るまではとても笑えて楽しく読める学園パートだっただけにそれ以降のリィエルの情緒面が不安定になってきてからこの巻のラストの急展開までは目が離せず一気に読んでしまいました。例のプロジェクトの真相も含めて次巻にとても期待です。その後の後書きは…とても面白かったですw あの「魔導書」は反則…w2015/04/07

Yobata

56
天の智慧研究会に狙われているルミアの護衛としてグレンの元同僚のリィエルが編入して来て、規格外の彼女の行動,言動に大騒ぎなグレン達。そんな中、学修旅行で南の島へやってくるも、そこにも天の智慧研究会の手が回っていて…。学修旅行編,前編。リィエル回。前回脳筋で登場したリィエルが、ルミアの護衛という名目でグレンのクラスに編入。単純な猪突猛進型かと思いきや、“兄”に対する薄暗い過去を持つなど、影を持つ少女で、持ち前の才能もあって当初は他者を寄せ付けなかったけど、ルミアやシスティが歩み寄っていき,それをグレンが陰で→2016/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9534324

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。