伝説のお母さん

個数:
電子版価格 ¥1,012
  • 電書あり

伝説のお母さん

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月28日 10時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784040699745
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

出版社内容情報

ファンタジーなのにリアル!Twitterで話題の作品が書籍化!!ファンタジーなのにリアル!Twitterで話題の作品が書籍化!!
その昔、勇者とともに魔王を封印した伝説の魔法使いがいた。
平和を取り戻した世界で彼女は、待機児童を抱えるお母さんとなっていた!!
魔王が復活した今、彼女は魔王討伐の戦いへ向かうため、 保活を始め、夫に家事育児を教え、定時上がりで戦いに参加する!


かねもと[カネモト]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

キク

41
傑作。魔王を倒した伝説の魔法使い。魔王が復活して王から召集がかかるが、討伐後に出産した子供は待機児童百人以上で保育所に預けられない。国が優先して入園させると言ってくるけど「全てのお母さんが困っているのに、私だけズルは出来ない」と育児と魔王討伐の両立を目指す。同じく子育て中の勇者は「完全週休二日、残業無し、年休取得100%」という魔王軍に転職し、充実したプライベートをSNSにアップしている、、、深刻な問題をユーモアで訴えるって有効だと思う。その問題が広く届かない限り、問題があることにすらならないんだから。2021/05/28

るぴん

33
封印したはずの魔王が復活。再び倒すことを命じられた勇者一行だが、乳児を抱えた魔法使いは旅立つことができない。なぜなら保育所がいっぱいだから‼︎RPGの世界への、現実の社会問題の当てはめ方が絶妙。自分の代わりがおらず、しかも多くの人の命がかかっている。そんな状況なのに、国も夫も役に立たない。働くお母さんの苦しい現状が身につまされる。子育て環境の充実した魔王側に寝返る人の気持ちがよくわかるなぁ。来年、前田敦子主演でドラマ化するらしいけれど、欲を言えば、ぽっちゃり体型の人に演じてほしかったかも。2019/10/18

みやしん

31
保活が最も苛烈だった(今もか)時期のリアルな奮闘記。お母さんの苦悩が剣山の如く刺さる。専制君主国家なのに何故か保育面だけ制度でガチガチ。夫を失職させたのに、主人公の代役を用意したなら復職させてあげれば?勇者が早々に闇落ちするとはなんて恐ろしい魔王軍。ただ、主人公をかなり損をするお人好しに描いているから、全部内に抱えてしまう袋小路的性分も見てて辛い。年配国王も保育を愛で語るのはなんとも薄っぺらくて安上がり。ともあれ、夫みたいな男も多いけど、夫以上の男もまた増えつつある希望にも触れてほしい。2020/06/11

たまきら

29
わ~ははは!ゲームの世界はよくわかりませんが、伝説の魔法使いが保育所探しに奔走したり、妙にリアルで苦笑い。サクッと魔王側に乗り換える勇者がおかしい。…ていうか、この魔王の世界のほうがよくない…?と思えるママなのであった。働き方はホント、変えていかないとね。2021/07/05

oldman獺祭魚翁

29
RPGゲームをベースに育児や保活問題を取り上げたコミック。NHKにて前田敦子主演で実写化放送中。コミックの方は4コマ漫画がドラクエなんかの表示をベースに描かれている。まぁ本当に育児をしながらの生活は大変だろうなぁ。ワンオペなんてどれだけタフなんだろう。世のご主人方も一日二日主婦業をやって見れば良い。バテるよぉ…… 長めの話はこっち(*´∀`)つhttps://www.honzuki.jp/book/285925/review/240635/2020/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12950282

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。