MF文庫J<br> 僕の知らないラブコメ

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
僕の知らないラブコメ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040695549
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

僕だけが知らない、君との“好き"。みんなは近いうちに逃げ出したくなるような嫌なことってある? あるよね、きっと。明日になっちゃえばいいのにって思うようなそんな時。僕、芦屋優太はそんな時間を早送りできる能力を手に入れたんだ。これでもう勉強や揉め事、全ての嫌な時間から逃げることができる。やったね! そうして早送りしながら日々を過ごしてたら知らないうちに彼女が出来ていた! しかも相手はあのクラスの問題児、柳戸希美だって? 僕は怯えながらも付き合い始めたんだけど、意外にも柳戸はとても優しくて、そしてとても可愛くて……。どうして柳戸はこんな僕のことを好きになってくれたんだ……? え、このラブコメ、僕だけ知らないの? 第13回MF文庫J新人賞最優秀賞受賞作!

樫本 燕[カシモト ツバメ]
著・文・その他

ぴょん吉[ピョンキチ]
イラスト

内容説明

みんなは近いうちに逃げ出したくなるような嫌なことってある?あるよね、きっと。明日になっちゃえばいいのにって思うようなそんな時。僕、芦屋優太はそんな時間を早送りできる能力を手に入れたんだ。これでもう勉強や揉め事、全ての嫌な時間から逃げることができる。やったね!そうして早送りしながら日々を過ごしてたら知らないうちに彼女が出来ていた!しかも相手はあのクラスの問題児、柳戸希美だって?僕は怯えながらも付き合い始めたんだけど、意外にも柳戸はとても優しくて、そしてとても可愛くて…。どうして柳戸はこんな僕のことを好きになってくれたんだ…?え、このラブコメ、僕だけ知らないの?第13回MF文庫J新人賞最優秀賞受賞作!

著者等紹介

樫本燕[カシモトツバメ]
第十三回MF文庫J新人賞で最優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

47
これはスキップがきっかけで付き合う事になる少年と少女の恋の物語。現実から逃げるのは楽だけど、そればっかじゃいつか取り返しのつかない事が起きる、そんな当たり前の事にぶつかった時の痛みと成長を描いた王道ストーリーですね。現実から逃げっぱなしだった主人公が初めて歯を食いしばって男を見せたあのシーンは、中々に良かったと思います。惜しいのはスキップされた期間何があったのか殆ど分からないまま終わる所でしょうか。スキップで空白期間が出来る分、せめて心理描写はもっと欲しかったところ。次巻はそこを補完して貰いたいですね。2017/11/26

ヒロロシ33

37
電子版で読みました 寝て起きたら、数ヶ月先に進んでいた!!! 知らない自分が色々やらかしたらしい。本人は全然記憶に無い。 戻りたくても戻れない日々、やってしまった瞬間に時間戻れとか、ああしてればと思うのは誰しも思うこと、失敗してその失敗を生かすかは自分次第。 自分が変わろうとすることが大事。 2022/01/31

ami*15

31
とてもテンポが良くて読み終えるのが寂しくなるような作品でした。私も芦屋のように嫌な時間から逃げてしまいたいと思うことがよくあります。でも嫌な時間をスキップしてしまうことはいつ起こるかわからない大切な時間を逃してしまうことでもあると物語を通じて実感しました。芦屋も能力を手に入れた時は喜んでいたけど、いつの間にかできていた希美と付き合うようになった理由や彼女との思い出を能力を使ったせいで知らないでいることに後悔を感じていく。スキップしてしまった時間は元には戻せない、だからこれからの時間はゆっくりと希美との→2018/01/13

むっきゅー

26
数ヶ月ほど未来へスキップする能力を持ってしまった芦屋くん。時間を飛ばした間に、ヤンキーだけど美少女の彼女ができていたのだが、という話。途中の記憶がないため、どうして付き合い始めたのかも分からないが、結果オーライぐらいにしか思ってなかった芦屋くん。現実逃避癖の抜けない芦屋くんがまた時間をスキップすると、なんとそこには!結果よりも、課程こそが大事だということを痛感し、失った時間は取り返せないが、その後悔を糧に前に進む芦屋くんが実に青春していて、眩しいです。ラブコメでもコメ要素少なめで、ラブ多めです。2017/12/06

まるぼろ

25
ある事を切っ掛けに努力しても報われないなら楽して生きた方が良いと思う様になった芦屋優太は、またある事を切っ掛けに時間をスキップする能力を手に入れるが、スキップした先の時間で知らない内にクラスの問題児と目されている柳戸希美と付き合っている事になっていて…と言うお話です。とても面白かったです。文字通り時間をスキップする事によって嫌な事から逃げ続けていた優太なだけに、希美に愛想を尽かされる事になったのは必須だった訳ですが、一度は腐りかけたものの、最後にはキチンと→2018/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12424498

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。