MF文庫J<br> 異世界拷問姫〈5〉

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

MF文庫J
異世界拷問姫〈5〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 291p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040695075
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

コミック第一巻同時発売!!! 大人気ダークファンタジー第五弾!もう一人の『拷問姫』ジャンヌ・ド・レに誘われ、地下墓所で世界の真実に直面した櫂人たちは、彼女が語る救世に協力することを決める。「余の積んだ屍を犬死と嗤う者は生かしておかぬ。全て殺す。それこそ『拷問姫』の名にふさわしき方法で、だ」「称賛しましょう。それでこそ、です。初代の『拷問姫』。自ら罪人に堕ちた女よ」十四の悲劇で始まり終結を迎えるはずだった物語はここにきて残酷さを増し、全ての者に苛烈な選択を迫り出す――――。綾里けいし×鵜飼沙樹で贈る今最も熱いダークファンタジー第五弾。悲劇を糧に進み続ける世界の中で、櫂人はエリザベートはヒナはジャンヌはイザベラは――――そして肉屋はいかなる道を選び取るのか。

綾里 けいし[アヤサト ケイシ]
著・文・その他

鵜飼 沙樹[ウカイ サキ]
イラスト

内容説明

もう一人の『拷問姫』ジャンヌ・ド・レに誘われ、地下墓所で世界の真実に直面した櫂人たちは、彼女が語る救世に協力することを決める。十四の悲劇で始まり終結を迎えるはずだった物語はここにきて残酷さを増し、全ての者に苛烈な選択を迫り出す―。綾里けいし×鵜飼沙樹で贈る今最も熱いダークファンタジー第五弾。悲劇を糧に進み続ける世界の中で、櫂人はエリザベートはヒナはジャンヌはイザベラは―そして肉屋はいかなる道を選び取るのか。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

坂城 弥生

43
またしてもめまぐるしい展開でした…2021/05/11

まりも

33
悲劇を糧に進み続ける世界が、全ての者に残酷にして苛烈な選択を迫る第五弾。相変わらずエゲツない。真っ暗な暗闇の中で輝く僅かな光明が新たな地獄の幕開けを告げる。 最悪という言葉ですら生易しく感じてしまうレベルの強烈な展開となっている今巻。これほど人の命だとか決意だとかをあっさりと散らさせる作品も中々ありませんよね。この情け容赦の無さが凄すぎるわ。イザベラ… 絶望が目を覚まし世界が終わりに向かう中、姫の心臓を継いだ狂王たちの行方は如何に。次巻どうなるか予想できねぇな。2017/10/27

まっさん

28
★★★☆ もうね…展開がグロすぎる…ここまで救いが見えない話は珍しいと言わざるを得ないほど世界が終末に突き進んでいく今巻。前巻の引きで明かされた教会が長年隠し通してきた秘密が明かされたことにより、聖女の身柄を賭けた教会との駆け引きに加えて悲しき別れに邂逅、二人の拷問姫が聖女に出会う時、誰もが予想しなかった最悪の展開を迎えて… 序盤は前回の引きの続き。無辜の民に拷問の限りを尽くし、虐殺してきたエリザベートの所業が可愛らしく見えてしまうほど教会のやり口が胸糞悪すぎる。創られた拷問姫・ジャンヌ・ド・レの初恋→2020/06/22

ℳℯ

21
★★★★☆(4.5) 再読。相変わらず展開が早く読者を飽きさせないペースで物語が進んでいくのは素晴らしいの一言。世界が終盤に向かいつつある世の中で主人公に容赦ない現実が叩きつけられる。本当に救いがない…でもそこがいい。初読の時【肉屋】の下りでは思わず泣いてしまったことを覚えている。イザベラの時も一番良心的な人だったから、途中まで作者には人間の心がないのだろうかと思わざるを得なかった。そして勿論最後の最後まで世界こと作者は主人公達に厳しい訳でして…カイトは最愛の人を救うべく狂王へと変貌する。次巻へ続く。2021/07/17

しぇん

21
聖女の目的が果たされ世界滅亡のカウントダウンが始まってしまう中でも、行われる醜い争いに一人の狂王がたつ…。クライマックスにむかって走っているので読む手が止まりませんでした。虐待されていた優しい少年と誇り高い少女の物語がどう決着するのか楽しみです。2018/04/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12322472

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。