MF文庫J<br> 魔技科の剣士と召喚魔王(ヴァシレウス)〈14〉

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
魔技科の剣士と召喚魔王(ヴァシレウス)〈14〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040693439
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

王<ヴァシレウス>vs究極神<ヴァシレウス> ――全世界が、デレる!?アトランティス島で快進撃を続ける一樹の眼前、レジーナとナイアーラトテップが融合、魔王となって顕現する――!! 対する一樹に、レメはソロモン王の威光を授けた。「ゴールなんてありはしないさ。レメとおまえは、すでに完結した神話なんかじゃない。おまえの物語にあらかじめ決められたゴールなんてないんだ」ついに神話戦争の業火を熾した究極神・ヴァシレウス・ヴァシレオーンとの最終決戦に臨む王・一樹。美桜、輝夜たち寵姫聖痕魔法使いと日本騎士団、のみならず各国王たちまでもの愛を一人総身に受け、剣×魔法のデュアルスクールバトル、いま、完全無欠の決着の刻!!

三原みつき[ミハラミツキ]
著・文・その他

CHuN[チュン]
イラスト

内容説明

アトランティス島で快進撃を続ける一樹の眼前、レジーナとナイアーラトテップが融合、魔王となって顕現する―!!対する一樹に、レメはソロモン王の威光を授けた。「ゴールなんてありはしないさ。レメとおまえは、すでに完結した神話なんかじゃない。おまえの物語にあらかじめ決められたゴールなんてないんだ」ついに神話戦争の業火を熾した究極神・ヴァシレウス・ヴァシレオーンとの最終決戦に臨む王・一樹。美桜、輝夜たち寵姫魔法使いと日本騎士団、のみならず各国王たちまでもの愛を一人総身に受け、剣×魔法の壮大なデュアルスクールバトル、いま、完全無欠の決着の刻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

6
シリーズ最終巻。とりあえずちゃんと最終決戦もまとまって何より。というか、最終決戦より後日譚の方が本編なのではと思ってしまうくらいの書きっぷり。キャラがブレてるように見えたり色々不思議に思う展開もあったけれどきっちり終わって良かった。2017/09/20

真白優樹

5
王として幾多の戦いに決着をつけ、究極神との戦いの先に未来を見出す今巻。―――最後の戦い、全てをぶつけ合う先に見つけよ望んだ未来。文字通り全てを込めた最大規模、全員で戦う最終決戦。その先に訪れる一樹の望んだ未来。戦いの続きとその先の自由と可能性に溢れる新たな世界が描かれる今巻は、完全無欠の最終決戦の熱さと新たな世界での全員揃っての、新たな道を含めた賑やかな日常が描かれる熱さと余韻が混在する、最後まで全力で駆け抜けていく巻である。神話の先、科学と人間の時代。そして一樹達の未来に幸せを。 うん、面白かった。2017/08/30

METHIE

3
完結、早めに読まなかった事を後悔している。2019/02/13

roa

3
無事完結。 最終決戦と後日譚で〆。最後はみんなとイチャイチャする姿が読めて良かった。しかし、小雪ちゃんの性癖には軽く引きます…。ロッテはよくあの状況で即対応できたな。流石は〈ジ・オールマイティ〉さんやでえ…。 とにかく、最後まで楽しませてもらいました。次回作も期待してます2017/09/20

ダイ

3
今回で遂に完結しました。内容の半分近くはエピローグだったので最終決戦はあっさりめに終わりましたが、綺麗にまとまったと思います。敵味方関係なく全員が力を貸してくれる展開はありきたりですが、王道で燃えました。ただ、宿敵だったロキのデレる姿はちょっと面白かったです。後日談は主にヒロイン達とのイチャイチャでしたが、神魔が人間の子供として現れたり魔法が無くなった後の進路など重要な事も描かれてました。また、戦死した王達も蘇ったり外国勢が学園に転入してきたり賑やかでした。最高のハッピーハーレムエンドで凄く良かったです。2017/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12149622

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。