MF文庫J<br> 英雄エルフちゃんが二人の弟子を育てます!―崖っぷちから始める世界寿命の延ばし方〈Step2〉

電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
英雄エルフちゃんが二人の弟子を育てます!―崖っぷちから始める世界寿命の延ばし方〈Step2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 295p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040690070
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

受け継がれた英雄譚。一縷の希望を残して世界は続く―――。先代英雄ヒューイの死から五年後、世界は変わらずに〈黙示録の獣〉の脅威に晒され滅亡への一途を辿っていた。残された現英雄のフィオは継承を行うためにウェズリー、キリエという二人の弟子を取るのだが……。
「二人とも、もっと仲良くできませんか?」
「こいつの言葉遣いが汚いのが悪いんです」
「このガキがつっかかるのが悪いっしょ」
なんだかんだでどうにかこうにか、各地を旅しながらも世界の滅びを食い止めていた。ある日、英雄の力の全てが記されている遺物〈ゲオルギアの魔術書〉の所在が判明し手がかりを頼りに捜索に向かった一行だったが、フィオは何かを弟子の二人に隠しているようで――。
終末世界を巡る、儚く切ない英雄継承譚、希望を繋ぐ為の第二巻!

秋月 煌介[アキツキ コウスケ]

水鏡 まみず[ミカガミ マミズ]

内容説明

先代英雄ヒューイの死から五年後、世界は変わらずに“黙示録の獣”の脅威に晒され滅亡への一途を辿っていた。残された現英雄のフィオは継承を行うためにウェズリー、キリエという二人の弟子を取るのだが…「二人とも、もっと仲良くできませんか?」「こいつの言葉遣いが汚いのが悪いんです」「このガキがつっかかるのが悪いっしょ」なんだかんだでどうにかこうにか、各地を旅しながらも世界の滅びを食い止めていた。ある日、英雄の力の全てが記されている遺物“ゲオルギアの魔術書”の所在が判明し手がかりを頼りに捜索に向かった一行だったが、フィオは何かを弟子の二人に隠しているようで―。終末世界を巡る、儚く切ない英雄継承譚、希望を繋ぐ為の第二巻!

著者等紹介

秋月煌介[アキツキコウスケ]
『天牢都市“セフィロト”』で第11回MF文庫J新人賞佳作を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナカショー

10
前回がキレイに終わってただけにどうやって続けていくのだろうと不思議に思ってたのですが、杞憂でした。相変わらずの終末な感じの世界観が更に拍車がかかり凄かったです。更にフィオも倒れてしまい何かもう色々とヤバイ。次巻も非常に楽しみです。2017/07/26

真白優樹

9
先代英雄の死から五年、二人の弟子を育成するフィオが、世界の終わりに立ち向かう今巻。―――やっぱり世界は終わりに向かい、救いなんてありはしない。英雄であるフィオに憧れるウェズリーという少年、だけどフィオの心にはいつもヒューイがいて、いつか会いたいと願い世界を守る為に禁じ手を解き放つ。それを止めてしまったウェズリー、だけどその先に待つのは地獄の始まり、終末の訪れであり、フィオは眠って動かない。そんな中、自ら英雄を騙るという茨の道を選んだウェズリーの道は、終末を迎える世界はどうなるのか。 次巻も楽しみである。2017/01/24

METHIE

7
やはり女主人公をライトノベルでやるのは不利だと判断して、落ちこぼれ気味の少年を主人公にしたのは正しいと思う。偽英雄になってしまった少年の運命やいかに。2017/02/26

リク

6
あの終末から五年経ち、フィオも二人の弟子をとる。前回は英雄の生き様だったけど、今回は英雄に憧れる凡人の生き様。男の子なら譲れない想いがある。強情だろうが傲慢だろうが逃げない強さは間違いなくウェズリーにしかない才能だよ。 それにしても相変わらず理不尽な世界だ。この絶望しかない世界で、世界の寿命を延ばすため凡人はどう足掻くか。 あと完全に私事だが、自分の感想が使われてるので是非手に取っていただきたい!2017/01/27

村人

4
絶望に満たされた世界の命運を握るひとりの英雄の存在。突如として平和な日々が終わりを告げたときの残酷さと、抗いようのない獣の力を前に無惨にも命を散らしていく様子が克明に描かれていて強烈なインパクトを受ける。世界の命運の行く末が気になるので、一刻も早く新刊が読みたいです。2017/04/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11281571

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。