MF文庫J<br> 今日から俺はロリのヒモ!〈2〉

個数:
電子版価格
¥638
  • 電書あり

MF文庫J
今日から俺はロリのヒモ!〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月21日 15時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 262p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040687735
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ロリキャバクラ、開店!?超お金持ちの美少女小学生・二条藤花のヒモになった俺・天堂ハルは、今日も気ままに惰眠をむさぼり、藤花のお金で日々を満喫していた。どうやら世間は夏休みみたいだけど、俺には関係ない。だって毎日が夏休みだから! 本職(?)の漫画も描こうとは思うけど、うん、なかなか良いアイデアって浮かばないよね! それでも藤花やその友達の丹沢千鶴、小森紗奈も俺を慕ってくれるし、やっぱりロリのヒモって最高だ。そんなことを考えながら過ごしている時、俺は思った。キャバクラに行ってみたいって。ということで藤花たちにお願いして「ロリキャバクラ」の開店だ! これも漫画の糧になる、ハズ! 立派なインプット・・・・・・だよね? 激甘注意のヒモ生活!

暁雪[アカツキユキ]
第10回MF文庫Jライトノベル新人賞にて佳作を受賞。デビュー作は『ひとりで生きるもん!』。魅力的なキャラクターとキャラクター同士の掛け合いを得意とする。

へんりいだ[ヘンリイダ]

内容説明

超お金持ちの美少女小学生・二条藤花のヒモになった俺・天堂ハルは、今日も気ままに惰眠をむさぼり、藤花のお金で日々を満喫していた。どうやら世間は夏休みみたいだけど、俺には関係ない。だって毎日が夏休みだから!本職(?)の漫画も描こうとは思うけど、うん、なかなか良いアイデアって浮かばないよね!それでも藤花やその友達の丹沢千鶴、小森紗奈も俺を慕ってくれるし、やっぱりロリのヒモって最高だ。そんなことを考えながら過ごしている時、俺は思った。キャバクラに行ってみたいって。ということで藤花たちにお願いして「ロリキャバクラ」の開店だ!これも漫画の糧になる、ハズ!立派なインプット…だよね?激甘注意のヒモ生活!

著者等紹介

暁雪[アカツキユキ]
第10回MF文庫Jライトノベル新人賞にて佳作を受賞。「ひとりで生きるもん!」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わたー

30
★★★★★1巻よりもロリのヒモであることの自覚がでてきたようで、クズさに磨きがかかっていたように思う。それに比例するかの如くセクハラとロリコンホイホイなパワーワードの連続にお腹いっぱいになった。これを出版するとか、さすがMF頭がおかしい(褒め言葉)疲れた現代の紳士たちの一服の清涼剤になるのではないだろうか。著者初めての長期シリーズになりそうなので、そちらにも期待。2017/08/17

ツバサ

18
ひたすらいちゃいちゃしてばかりだったけど、最後に波が来たところで終わったから次巻が気になる。それにしても、ロリのヒモが板についてきたな笑2016/12/23

524

17
☆9↑↑ 【ロリキャバクラ】女子小学生のヒモになって生活する漫画家の日常系コメディの2巻。通常の日常系作品ってキャラがかわいいからネタが面白く見えるんだけど、この作品は逆。ネタが面白いからキャラが光って見える。何気なく仕込まれているネタにゲラゲラ笑ってしまう。主人公が徹底的にクズに描かれているのもネタの面白さをより引き立たせている。「ひとりで生きるもん!(☆9)」「異世界とわたし、どっちが好きなの?(☆9)」と比べても全く遜色のないクオリティに作者の地力の高さが伺える。【お気に入りキャラ:園原摩耶】2016/12/23

真白優樹

15
相も変わらずロリのヒモとして毎日を過ごす今巻。―――続くヒモな生活、そして危ない日常? 相も変わらず一部の読者様狙い撃ち、明々後日の方向に亜光速でぶっ飛んでいくこの物語。が、見方を変えれば発想の勝利の一つでもあり、関門を越えて乗り込んだ者へのとても明るく楽しい世界がきちんと準備されているからこそこの物語は面白いのだろう。この物語を面白いと思えた読者様は、きっと立派なラノベ読みなのだろう。変わらぬ日常に投下された爆弾、唐突に言われた騒ぎへの招待は果たしてどんな方向へと転がるのか。 次巻も楽しみである。2016/12/25

サキイカスルメ

14
やっぱり可愛いなぁ。小学生のヒモになったハル(一応漫画家?)のロリたちとの日常2巻。ハルのクズっぷりは揺るがないですね(笑)でも、そうじゃないと小学生に養ってもらったりできないからね、うん。ロリ抱きまくらに始まり、手巻き寿司、キャバクラ、ファッションショーにプールとみんなとても楽しそうでよかったです。小学生三人組の個性も出てましたし、ちょいちょい出てくる有能な麻耶さんもよい。ウォータースライダーイラストは完全に事案ものでしたが、本人たちがOKならね。楽しかったです。2017/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11247137
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。