メディアファクトリーのコミックエッセイ<br> 元気になるシカ!―アラフォーひとり暮らし、告知されました

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

メディアファクトリーのコミックエッセイ
元気になるシカ!―アラフォーひとり暮らし、告知されました

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月13日 15時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 171p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784040686684
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

出版社内容情報

泣いて、泣いて、前を向いた。病と闘った210日。【アメブロ「闘病・入院生活」「エッセイ」の2ジャンルでランキング第1位! 】
泣いて、泣いて、前を向いた。
病と闘った210日。

アラフォーでひとりぐらしで漫画家の私。
ある日突然、病院で「卵巣がん」と告知されてしまいました。

海外から飛んできた父、明るく看病してくれる母、
泣いた自分を受け止めてくれた友人。
支えてくれる人がいるからこそ、前を向いて病と闘える。

「生きる力が湧いてくる」「涙なしに読めない」と
ネットで絶大な人気の婦人科がん闘病マンガが、
50P以上の未発表秘話を加えてついに書籍化。

藤河 るり[フジカワ ルリ]

内容説明

アラフォーでひとりぐらしで漫画家の私。ある日突然、病院で「卵巣がん」と告知されてしまいました。海外から飛んできた父、明るく看病してくれる母、泣いた自分を受け止めてくれた友人。支えてくれる人がいるからこそ、前を向いて病と闘える。アメブロ2ジャンルでランキング1位を獲得!感動と共感のコメント殺到の人気ブログが50P以上の未発表秘話を加えて書籍化。

目次

第1章 突然倒れる
第2章 “悪性”の可能性
第3章 いざ、手術へ
第4章 はじめての抗がん剤治療
第5章 治療はつづく
第6章 再発疑惑とこれから

著者等紹介

藤河るり[フジカワルリ]
BL漫画家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あん

69
アラフォー独身のBL作家さんが、「卵巣がん」と告知されて、卵巣・子宮全摘術と抗がん剤治療を受けた経験をまとめた闘病記です。同じ漫画家さんで闘病記を描いた武田一義さんの『さよならタマちゃん 』を思い出しました。治療のストレスというのは、患者本人が納得出来なくて、無理に治療をさせられていることを指しているのだと思います。作者さんは治療から逃げるのではなく、自らの意思で治療に立ち向かう覚悟を決めたことで道を切り開いていきます。その前向きさに思わず涙。藤河さんのご活躍を応援せずにはいられません。オススメです。2017/05/28

ぶんこ

48
台湾旅行の為成田空港で入国審査も済んでという時に激しい腹痛で救急搬送。癌告知のアラフォー一人暮らし漫画家さん。ご自分をシカ(鹿)の絵で描かれているので緊迫感が薄れてはいますが、察するにあまりある闘病記。ここまで描ける精神力の強さに圧倒されました。入院・手術となるとまずはブログで同病者を検索して参考にしたくなるものです。この本はとても参考になる本でしょう。独り身では手術や入院は心許ないものですが、著者は周囲の人に恵まれていたのが救いでした。日頃のおこないの良さでしょう。続きも出たようですので読みたいです。2018/08/15

たまきら

40
卵巣がんになった漫画家さんにより闘病記です。辛いことも多かったであろうに冷静にまとめてあって、罹患している人もしていない人も大変学べると思います。そっけない主治医と徐々に心がつながっていく様子にホロリとしました。母が乳がんサバイバーなので看病ではぜ~んぜん役に立たないけれど愛すべきお父さんやツッコミが厳しいお友達の姿に我が家を重ねました、あはは。…入院中に出会った方との別れのお話はつらかった…。きちんとセルフケアを続ける姿、すばらしいです。2巻もあると知ったのでぜひ読んでみます。2022/06/02

hirune

37
突然ガンを告知され、よろけながら迷いながら歩んだ等身大の闘病記。ネットで読んでいましたけど、この本は買わなければ!と感じました。ぜひたくさんの人に読んでみてほしいです☆2016/10/11

nana

35
検診に行かないといけないな…シカが可愛いです。2016/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11131880

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。