MF文庫J<br> Re:ゼロから始める異世界生活 短編集〈2〉

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
Re:ゼロから始める異世界生活 短編集〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月28日 12時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040684147
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

話題騒然! TVアニメ大好評放送中!――これはナツキ・スバルが、彼女たちと過ごした平穏な日々の物語。ロズワール邸を発端とした魔獣騒動が一段落し、屋敷と村に平和な時間が訪れていた。そんななんでもない穏やかな時間は、しかし他でもないスバルの思いつきやエミリアたちの事情によって、騒がしくも賑やかに塗り潰される。エミリアの弱点克服に挑む『E・M・Tにラブソングを』。スバルとラムが望まぬピクニックに出かける『ラム・イズ・オーダー』。屋敷を襲った突然の寒波に便乗して遊び回る『冷たいのがお好き』など、WEB未掲載の短編集第二弾!
『死に戻り』のない優しい時間、これがナツキ・スバルの望んだ楽しい異世界生活!

長月 達平[ナガツキ タッペイ]

1987年3月生まれ。埼玉の片田舎で、文章を書いたり肉を切ったりして日々を過ごす。

大塚 真一郎[オオツカ シンイチロウ]

熊本出身のイラストレーター。ゲームを中心に小説の挿絵なども描いてます。
代表作は「コンセプション」、「サモンナイトクラフトソード物語」など。

内容説明

―これはナツキ・スバルが、彼女たちと過ごした平穏な日々の物語。ロズワール邸を発端とした魔獣騒動が一段落し、屋敷と村に平和な時間が訪れていた。そんななんでもない穏やかな時間は、しかし他でもないスバルの思いつきやエミリアたちの事情によって、騒がしくも賑やかに塗り潰される。エミリアの弱点克服に挑む『E・M・Tにラブソングを』。スバルとラムが望まぬピクニックに出かける『ラム・イズ・オーダー』。屋敷を襲った突然の寒波に便乗して遊び回る『冷たいのがお好き』など、WEB未掲載の短編集第二弾!『死に戻り』のない優しい時間、これがナツキ・スバルの望んだ楽しい異世界生活!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

46
絶望的な本編に対しほのぼのとした短編集。各キャラの魅力がしっかり出てます。2019/09/06

まりも

40
Reゼロ短編集の第二弾。ロズワール邸での平和な日々を描いた話。あぁ、心が癒される。本編が殺伐としているだけに、平和な日常を描いた短編はどれもほのぼのしているので、いい具合にほっこり出来て良かったです。音痴だったりお酒に酔ったりするエミリアたんダメっ子属性たっぷりすぎてマジEMT。レムは最高に可愛すぎてやばいね。ベア子も短編には欠かせないキャラになってきたみたいで何よりです。スバルにイジられてるベア子好きやわ。偶には本編にもこういうオアシス的なお話入れてくれてもいいのよ?2016/08/16

ガーガー

32
今回はベアトリスが屋敷中を逃げたり追ったりしたり、コックリさんにイライラしたり、星見で黄昏たりした。そしてスバルと結構仲がいいな!ラムとも憎まれ口を叩くけど、いいコンビかも。エミリアが音痴なのは予想外。バケツ先生、音痴直せるんだ…!2016/08/20

Yobata

31
Re:ゼロ短編集,その2。魔獣騒ぎがひと段落し,王選を間近に控えたロズワール邸でのスバルたちの日常の短編で、エミリアやベア子と本編では久々の人達の活躍が見れたね。エミリアとのやり取りとかぶっちゃけ懐かしい。精霊のパックとはこういうノリだったねwそんなエミリアのある弱点のお話から始まる今巻。エミリアたんは音痴だったとは…いじりがいがあるねぇwでもそれに負けじ劣らずとベア子をいじるのが抜群に面白いね。鬼ごっことか完璧に手のひらの上で踊らされてたねw罵倒されるラムとも息ぴったりで、不本意な2人のピクニックが→2016/06/23

よっち

29
ロズワール邸を発端とした魔獣騒動が一段落し、屋敷と村に平和な時間が訪れていた時期。スバルが彼女たちと過ごした平穏な日々を描く短編集第二弾。思わぬ弱点が発覚したエミリアのために皆が協力したり、ラムとスバルが食材集めのため二人で出かけたり、屋敷を突如襲った寒波に発想の転換で楽しもうとしたり。本編ではシリアスな展開が続いていますが、この短編集はとてものんびりした雰囲気で、キャラたちがいきいきと動いている様子にはどこかほっとさせられました。本編もみんなが笑顔でいられるように物語が好転してくれるといいんですけどね。2016/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11021889
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。