MF文庫J<br> 異世界拷問姫

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

MF文庫J
異世界拷問姫

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月09日 22時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 294p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040681177
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

全ての人間を敵にした拷問姫が紡ぐ反英雄譚。

「我が名は『拷問姫』エリザベート・レ・ファニュ。誇り高き狼にして卑しき牝豚である」死後、異世界転生した瀬名櫂人の前に現れたのは絶世の美少女・エリザベート。彼女は『拷問姫』を名乗り、従者として自分に仕えるよう櫂人に命じるが――「断る」即答する櫂人にエリザベートは『拷問』か『執事』かの二択を突き付ける。あえなく陥落した櫂人はエリザベートの身の回りの世話をすることになり、咎人たる『拷問姫』の使命――14階級の悪魔とその契約者の討伐に付き合わされることになるが……!? 「あぁ、そうだ。余は狼のように孤独に、牝豚のように哀れに死ぬ。たった一人でだ」綾里けいし×鵜飼沙樹! 最強タッグが放つ異世界ダークファンタジーの最高峰!

内容説明

「我が名は『拷問姫』エリザベート・レ・ファニュ。誇り高き狼にして卑しき牝豚である」死後、異世界転生した瀬名櫂人の前に現れたのは絶世の美少女・エリザベート。彼女は『拷問姫』を名乗り、従者として自分に仕えるよう櫂人に命じるが―「断る」即答する櫂人にエリザベートは『拷問』か『執事』かの二択を突き付ける。あえなく陥落した櫂人はエリザベートの身の回りの世話をすることになり、咎人たる『拷問姫』の使命―14階級の悪魔とその契約者の討伐に付き合わされることになるが…!?「あぁ、そうだ。余は狼のように孤独に、牝豚のように哀れに死ぬ。たった一人でだ」綾里けいし×鵜飼沙樹!最強タッグが放つ異世界ダークファンタジーの最高峰!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

θ(シータ)

88
「お待ちしておりました。我が愛、我が恋、我が運命、我が主君!まことの恋人!永遠の伴侶よっ!」瀬名櫂人は父親に殺された。しかし、気がつくと目の前には悪魔じみた笑みを浮かべる美少女がいて…!?死ぬ前に善行を成せーー無残に残酷に凄惨に紡がれる異世界ダークファンタジー。民を虐げた暴君は吊られ、虐殺者は惨殺される。それは数々の拷問を行ってきた『拷問姫』エリザベート・レ・ファニュも変わらない、と。世界観とイラストが見事にマッチングしておりキャラも魅力的で可愛かったです。エリザベートの服はエロい!星3つ【⭐️⭐️⭐️】2017/01/31

まりも

67
父の虐待によって死んだ少年が、異世界の拷問姫に召喚され執事として使える事になるダークファンタジー。うーん、正直期待してた割にはそこまでといった感じでしょうか。世界観は魅力的でイラストともすごくマッチしてたし、狂気迸る残酷なグロシーンとかは作者さんらしくて非常に良かったんだけど、一つ一つのエピソードが薄いので作品にのめり込む事が出来なかったのは残念。コメディテイストな日常シーンとグロのギャップで楽しむ事が出来たので、まぁ良かったかなと。もう少し濃厚な感じだったら最高でした。次巻は出たら読もうかな。2016/04/23

よっち

58
父親に殺され魂を異世界召喚された瀬名櫂人が、悪魔狩りを命ぜられた『拷問姫』エリザベートに仕えることになるダークファンタジー。凄惨な世界に召喚したエリザベートに拷問か執事の二択を突き付けられ、身の回りを世話をすることになった櫂人。美しく拷問器具を用いて悪魔と戦うエリザベートもまた過酷な運命を背負う少女で、悪魔たちや宿命の相手との救いのない戦いが続く一方、それと合間にある主従関係の日常とのギャップが秀逸で、イラストに鵜飼さんを起用したことで独特な世界観を作り出していました。続巻あるならまた読んでみたいですね。2016/04/21

坂城 弥生

57
「圧政者は殺され、暴君は吊られ、虐殺者は惨殺される。それが世の定めだ。」 それを理解し、言い訳をせず受け止める覚悟が伝わってくるから、エリザベートは嫌いじゃない。むしろ高潔な美しさすら感じる。悪趣味で残酷だけど、彼女には全て受け止める覚悟がある。2021/03/01

ナカショー

55
面白かったです。鵜飼沙樹さんの甘美なイラストと相まって非常に良かったと思います。いろんな拷問道具が出てきて、拷問道具に少し詳しくなった気がします。次巻以降どんな拷問道具が出てくるのか楽しみです。あとヒナが可愛かったです。次巻も非常に楽しみです。2016/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10749017

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。