MFブックス<br> 盾の勇者の成り上がり〈13〉

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

MFブックス
盾の勇者の成り上がり〈13〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月23日 20時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784040679655
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

目指す先はラフタリアの故郷!!召喚されて以来ゲーム気分が抜けなかった勇者たちに現実を知らしめ、更生させた盾の勇者、岩谷尚文。その道のりは困難だったものの、ラフタリアの命を狙う国、クテンロウへと到着した。
悪政の報いを受けさせるため乗り込んだ一行だったが、クテンロウ政府は国内でも悪法をによって国民を苦しめていた。
「手始めに、シルトヴェルトからの協力者を町に招く……そこからの快進撃だ!」
政府転覆のために起こした反乱の最中、対勇者用の謎の武器によって能力を封じられた尚文たちは一体……!?
新天地に殴り込み!? 異世界リベンジファンタジー第十三弾開幕!!

アネコ ユサギ[アネコ ユサギ]
著・文・その他

弥南 せいら[ミナミ セイラ]
イラスト

内容説明

召喚されて以来ゲーム気分が抜けなかった勇者たちに現実を知らしめ、更生させた盾の勇者、岩谷尚文。その道のりは困難だったものの、ラフタリアの命を狙う国、クテンロウへと到着した。悪政の報いを受けさせるため乗り込んだ一行だったが、クテンロウ政府は国内でも悪法によって国民を苦しめていた。「手始めに、シルトヴェルトからの協力者を町に招く…そこからの快進撃だ!」政府転覆のために起こした反乱の最中、対勇者用の謎の武器によって能力を封じられた尚文たちは一体…!?新天地に殴り込み!?異世界リベンジファンタジー第十三弾開幕!!

著者等紹介

アネコユサギ[アネコユサギ]
神奈川県出身。『盾の勇者の成り上がり』を執筆し、ネット上に作品を公開。2013年8月MFブックスから商業デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

28
ラフタリアの両親の国から暗殺者を差し向けられ命を狙われてしまう状況になってしまい、それなら逆に攻めてしまえと、その国と貿易をしている獣人至上主義の国に行ったら、、盾の勇者として崇められるが貴族層は利用する事しか考えてない、さらに傀儡にしようとする一派まで居る始末。それを蹴散らして、いざ暗殺者を送って来た国へ乗り込もうとしたら、分断されてしまった、、こういう処は相手の方が上手なのに、正体を表すとザコになっちゃうのだろう?まぁ、そこが面白いのだけどw2020/04/26

(*'ω' *)@k_s

24
購入本~盾の勇者の異世界リベンジファンタジー第13弾。正統な王位継承権を持つことがわかったラフタリアの生命をクロウテンの刺客達が襲いかかる。怒った尚文達によるクロウテン国盗り編。コハク種であるフォウルとアトラの成長が目覚ましい✨鎖国+結界でなかなか入れなかったクロウテンへ、水竜の手助けを得て進入。次巻はいよいよ本丸か🤭2023/08/28

こも 零細企業営業

17
キズナの世界で着ていた巫女服を此方の世界で再現してラフタリアに着せたら。ラフタリアの両親が駆け落ちして来た国から暗殺者を差し向けられ、執拗に命を狙われてしまう状況になってしまった。それなら逆に攻めてしまえと、その国と貿易をしている獣人至上主義の国に行ったら、、盾の勇者として崇められるが貴族層は、盾の勇者を信仰の対象として利用する事しか考えてない。さらに傀儡にしようと、女を使って籠絡しようとする始末。それを信仰を盾に蹴散らして、いざ暗殺者を送って来た国へ乗り込もうとしたら、分断されてしまった、、2021/06/16

アウル

13
ラフタリアの出生地『クテンロウ』を目指す尚文達、入国経路に行く為の中継地として盾の勇者を崇め奉る国『シルトヴェルト』へと向かう。何処の国でもグズでゲスい奴はいるんだよな。フォウルの見せ場があったのにアトラの活躍の前には霞んでしまうな。不憫なり、フォウル。『クテンロウ』に到着した尚文達は現地の改革派と協力し倒しに行く為に決起した所で次回に続く。フィストリアの頼みごとを後回しにしたがそれがどう影響してくるのかな?2015/11/23

ZⅢ

4
ラフタリアとアトラがどんな稽古をしていたのか見てみたい。またアニメでやってくれないかな。フィトリアからの依頼を、後回しにしたとこを後悔するのが目に見えている。2019/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9891757
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。