MF文庫J<br> Classroom☆Crisis〈1〉

電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
Classroom☆Crisis〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 291p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040677316
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

豪華スタッフが贈る、高校生サラリーマンの悲哀を描く青春グラフティ、公式ノベライズ!

内容説明

太陽系惑星への移住が進み、人類が地球外で生まれ育つことも珍しくなくなった時代。火星生まれの瀬良ミズキは霧科科学技術学園の高校三年生。彼女が通う教室・A‐TECは教育機関であると同時に、惑星間航行用エンジンの開発も手がける霧科コーポレーションの先行技術開発部でもあった。つまり“学生にして社員”だ。ある日、ミズキの兄でA‐TEC担任のカイトは、転入生のナギサが予定の時間になっても到着しなくてヤキモキしていた。そこに一本の電話がかかってくるのだが―!?大好評TVアニメ『Classroom☆Crisis』公式ノベライズ、テイクオフ!

著者等紹介

田口一[タグチハジメ]
名古屋出身。『魔女ルミカの赤い糸』で第3回MF文庫Jライトノベル新人賞佳作を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぺぱごじら

11
『研究開発は新しいから、で何でも済まされる訳ではない』企業論理と『浪費の見直しとはいえ、開発費は削ればいいってもんじゃない』という企業倫理のバランスはいつの時代も調整が難しいもの。霧生ナギサにシンパシーを感じながら瀬良カイトを応援したくなる気持ちに矛盾はないなぁと感じる(笑)。文章で読むと穏やかに読めるが、アニメの声がつくと専務が喋る度に妙なイラつきを覚えるのです(笑)。2016-592016/04/21

白黒甚平

6
アニメとの違いは多々あり(職場から離脱する人や、ドキュメンタリー見るシーンなど)だが、各生徒視点で書かれている場面が小説のほうが圧倒的に多いので、各々の人物をより見ることができた。それに話の中心になるロケットの開発もしっかり書かれているのでA-TECの仕事風景を知ることもできた。次巻で政治場面と生徒たちの場面をどううまく配分して書かれるのか楽しみ。アニメを見てからの方が楽しめる一作。2015/09/11

椎名

4
細かい部分になりますがアニメと台詞が違う部分有り。現在と過去は違う、だけれど現在はいつか過去になるという屁理屈にはなるほど確かにと思わされてしまった。しかし丸戸が書かないのは解せない……。2015/08/04

真白優樹

4
現在放送中のアニメのノベライズ。・・・ノベライズのいい点である原作の補完や視点の違いはうまくできていると思う。てか作者さん、「この妹」の人か。まったく気づかなかったぜ・・・。簡単に言えばアニメを楽しめた人なら楽しめるのではないかと思う。・・・というかあの教室は社会を学ぶ場であり、尖った原石を宝石へと磨き上げる場、なんだろうな。うん、改めてあの教室の役割を認識した気がする。才能だけじゃ社会を、世界を生き抜いていけないのである。・・・社会に出てみるとやっぱりよくわかるな、それが。 次巻も楽しみである。2015/07/27

有海2000

3
アニメを見てもイマイチだったので、設定や各キャラの役割・性格・動機付けなど、よくわからなかった点を補完する目的で購入。その点はノベルでだいたい把握できたので収穫ありましたがやっぱり微妙…。高校生兼社員という基本設定はさすがに無理筋だと思う。一流大卒じゃなきゃ面接にすら辿り着けないような大企業の開発部に15歳で就職できる逸材なら、A-TECをクビになった程度でバラ色の将来は揺るがない。ましてやまだ高校生。居場所を失うことに対して悲壮感を感じない。彼らの居場所を守る戦いを応援したい気持ちがまったく湧かない。2015/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9797195

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。