MF文庫J<br> 魔弾の王と戦姫(ヴァナディース)〈11〉

個数:

MF文庫J
魔弾の王と戦姫(ヴァナディース)〈11〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月26日 14時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 321p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040674773
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

記憶を取り戻したティグルはジスタート王国にて新年を迎え、因縁浅からぬ戦姫たちと感動の再会を果たす。また、彼はジスタート王に謁見し、思い描く未来の甘さを指摘される。ブリューヌに戻ったところで残してきた巨大な武勲が、決して彼を以前と同じままにはしておかない。王の言葉に、ティグルの胸中は大きく揺らぐ。一方、ブリューヌ王国ではレギン王女暗殺が企てられるも、未遂に終わる。だが、事件はそれで終わりではなかった。陰謀の背後に見え隠れしていた隣国ザクスタンが、剥き出しの野望をブリューヌに向ける。故国の窮地に、英雄となった若者はいま、再び大動乱にその身を投じようとしていた――最強美少女ファンタジー戦記、新章突入の第11弾!

内容説明

記憶を取り戻したティグルはジスタート王国にて新年を迎え、因縁浅からぬ戦姫たちと感動の再会を果たす。また、彼はジスタート王に謁見し、思い描く未来の甘さを指摘される。ブリューヌに戻ったときろで残してきた巨大な武勲が、決して彼を以前と同じままにはしておかない。王の言葉に、ティグルの胸中は大きく揺らぐ。一方、ブリューヌ王国ではレギン王女暗殺が企てられるも、未遂に終わる。だが、事件はそれで終わりではなかった。陰謀の背後に見え隠れしていた隣国ザクスタンが、剥き出しの野望をブリューヌに向ける。故国の窮地に、英雄となった若者はいま、再び大動乱にその身を投じようとしていた―最強美少女ファンタジー戦記、新章突入の第11弾!

著者等紹介

川口士[カワグチツカサ]
1979年生まれ。2006年、第18回富士見ファンタジア長編小説大賞にて『戦鬼』で大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

48
第三部開幕の一発目。戦姫勢ぞろいとなる前半は、ソフィ―の積極的なアプローチやオルガの爆弾発言とティグルを巡る女の争いがメイン。戦姫全員でティグルを取り合う図は壮観ですね笑 ティグルの存在の大きさが改めてわかる内容でした。レギン王女の陥れる為の陰謀に加えて、隣国ザクスタンの侵攻をきっかけに赤ひげも動き出し、月光の騎士軍の裏で暗躍するヴァレンティナと波乱の幕開けとなった第三部ですが、次巻以降どうなるのか。新たな双剣の戦姫がどのタイミングでティグルと絡むのかも気になるし今後が楽しみです。2015/03/24

S.T.

45
ようやくティグルと王の話が出てきた。この作品に一番期待している要素。田舎伯爵が実力と運命で王になる-これぞまさに英雄譚なわけで。ザクスタンvsブリューヌがザクスタン・ムオジネルvsブリューヌ・ジスタート同盟になるのは間違いなく、更にブリューヌは再内乱の危機も孕むという、戦争というより大戦と言ったほうが正しいような状況下。次の巻ではまだ難しいだろうけど、その次ぐらいには王になる決断をするティグルを見たい。2015/03/25

よっち

45
ブリューヌでレギン王女を陥れようとする陰謀が企てられ、隣国ザクスタン侵攻の報を聞いたティグルが、エレンらの協力を得て故国の窮地に駆けつける第11弾。無視できない存在になりつつあるのに無自覚なティグルは、ヴァレンティナの暗躍もあったりで今後微妙な立ち位置になっていきそうな予感。それに他の戦姫の積極的なアプローチにやきもきする一方、自分の立場を意識してリムやティッタの思いにも理解を示そうとするエレンのままならなさも加わって、お互い思うように生きられないがゆえにいろいろ難しいことになっていきそうですね、うーん。2015/03/24

T.Y.

39
復帰したティグルは、予定より早くブリューヌに戻ることになる。そんな中でザクスタンがブリューヌに侵攻したとの知らせが入り、ティグルは再びエレンと共に迎撃に向かうことに。今回は竜技と黒弓の出番もなく戦記メイン。ついにヴァレンティナが味方として参戦、策謀家らしい活躍を見せる。彼女の実態は今一つ摑み難いが…。前半ではティグルの政治的処遇と結婚に関する話も。ラブコメ面ではオルガが衝撃の告白を放ち…やはり問題はお互いの政治的立場から来る、婚姻という社会制度上の問題であることを確認。それを揺るがす激動の時が来るのか。2015/03/24

Yobata

39
記憶を取り戻しブリューヌへ戻るジスタートでの最後の日、新年を迎える太陽祭で各戦姫との再会を果たすティグル。それも束の間、ブリューヌへザクスタン軍が攻め込む一報が入り、再び動乱の渦の中へ…。第三部開幕。ということで見開きも多くと豪華仕様,内容はvsザクスタン軍。そのザクスタン軍を手引きしたのは反レギン派で、赤髭のムオジネルやヴァレンティナなどのジスタートの闇も動き始め…こりゃ世界大戦か?前半の太陽祭では戦姫五人も虜にしちゃってるティグルさんはやはりパねぇなw初一同に会し、ティグルに関してここまで→2015/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9604263
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。