メディアファクトリーのコミックエッセイ<br> わたしの舞台は舞台裏―大衆演劇裏方日記

個数:
電子版価格 ¥1,026
  • 電書あり

メディアファクトリーのコミックエッセイ
わたしの舞台は舞台裏―大衆演劇裏方日記

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 155p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784040667997
  • NDC分類 775.5
  • Cコード C0095

内容説明

大衆演劇の裏方がのぞいた、劇場のウラとオモテの世界。夢も涙も笑いもなんでもござれ、華やかな舞台を支える人々の、泥臭くも美しい人間模様を描いた、コミックエッセイプチ大賞・書店員賞受賞作。

目次

第1章 わたしの舞台は舞台裏(打ち合わせ;すずめ座へようこそ;台詞は変幻自在;小さなプロフェッショナル;舞台の華と花;すずめ座の常連さん;小道具の話)
第2章 みさきの修業時代(はじめての大衆演劇;みさき、裏方デビュー;退職、そして転職;すずめ座のこけら落とし)
第3章 ナニワすずめ座、人情交差点(幕の話;食べものの話;ヴィジュアル系;大入袋;みさきの上履き;怖い座長)

著者紹介

木丸みさき[キマルミサキ]
大阪生まれの大阪育ち。大阪の某大衆演劇場のスタッフとして働く。劇場で出会った役者やお客とのあたたかな交流を描いた『わたしの舞台は舞台裏―大衆演劇裏方日記』が、第23回コミックエッセイプチ大賞で「書店員賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件