MF文庫J<br> 緋弾のアリア〈17〉緋弾の叙唱(レチタティーヴォ)

個数:
電子版価格
¥638
  • 電書あり

MF文庫J
緋弾のアリア〈17〉緋弾の叙唱(レチタティーヴォ)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月19日 01時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040667171
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。ナチス・ドイツ残党のV‐2刑による死から甦ったキンジは、ジェヴォーダンの獣・リサと共に欧州戦線での大逆転を懸けた決戦へと挑む。だがそこで待ち受けていた強敵は、遠山一族と古い宿命を持ち、新たな闘争を引き起こす危険な火種だった。日本ではバスカービルや武偵高の友達との時間を過ごすキンジだったが、一方ではアリアとの関係が破滅しかねないあの『不都合な事実』がついに発覚してしまい…!?大スケールアクション&ラブコメディー第17弾!

著者等紹介

赤松中学[アカマツチュウガク]
『アストロノト!』で第3回MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いーたん

42
鬼退治にアリアの緋緋神化と本作もいよいよクライマックスに近づいてきた模様。 今回はリサを連れて日本に戻ってきたキンジさん。バスカービルの面々とリサの対面はあらかた済んだけど、白雪さんが済んでない以上、白雪が黒雪化して大戦が必ず起きるはず。それが楽しみだな。 結局キンジの正妻はアリアなんだろうけど、完全にキンジのハーレム王国になってほしいな。ヒロイン全員、侍らせてくれ。2014/04/30

Yobata

35
V-2刑による死から蘇りリサと共に大逆転し、欧州戦線を収め日本に帰国したキンジ。久しぶりの仲間との再会の最中、殻金を戻したアリアが倒れ緊急入院する。さらにそのアリアを事実上軟禁してる病院に覇美率いる鬼の軍勢が襲撃してきて…。欧州編がようやく終わって久々のアリア,理子,レキなどのいつものメンバーの登場w完璧メイドのリサも案の定キンジと共に日本に来たけど懸念された白雪は実家に帰郷中みたいなので戦争はまだみたいwけどリサも最初だけで今巻のメインはアリア。殻金を戻す事に比例して緋緋神に近づくアリアに接近するのは→2014/04/23

shin

33
極東戦役が落ち着きキンジはリサと日本に戻るが、鬼が襲来したりアリアに変化が起こる17巻。リサとバスカービル3人の邂逅は意外とすんなりだったがキンジの苦労は絶えなさそう。鬼との連戦、アリアがキンジの実家訪問、兄の婚約等イベントも多い中、理子への天然ジゴロ発言がいよいよ責任を取らなければならないレベルになってるにも関わらずアリアとの関係はどんどん深まってて、後にどう繋がるのか楽しみ。1巻を思い起こさせつつその頃とは違う感情を抱く今が描かれ、シャーロックとの決戦以来、物語の核心に迫る動きを感じられたお話でした。2014/05/10

リプトン

26
えらく引っ張ってた欧州戦線は結構あっさり終わった感じがしましたが、日本に戻ってきて久しぶりにアリアがちゃんと出てきてしっかりヒロインしててよかったです。そして、不慣れなコンビニ店員で雑に扱われながらも業務をこなし、鬼と互角に戦い、死んでも死なないキンちゃんさまは相変わらずさすがですね。冷静に考えて死んでも死なないとかおかしいでしょ!でもそれを可能にする、そうキンちゃんさまならね!そら敵もやってられませんわ。緋緋神の出現など話が進みそうな展開でしたが神相手にも負ける気がしないですね!だって死んでもry 2014/05/21

まるぼろ

25
さて今巻ですが極東戦役も一段落して次は何かなぁ、と思っていたらやっと本筋が進み始めると期待できるような巻でした、多分・・・きっと・・・w 内容的にはオランダと東京上空の富嶽にて行われたキンジと閻とのバトル2戦がメインです。 しかしあれだけ人外になってしまったキンジなのにアジアだけでも70人もランクが上の武偵がいるのか、恐ろしい・・・w リサもまあ当然の如く武偵高に転入しましたが今巻で叶わなかった白雪と顔合わせの時にどうなるか・・・w しかしまあ上記の通りアリアの変化を筆頭に色々状況が動いて次巻に期待です。2014/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8047596
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。