MF文庫J<br> 精霊使いの剣舞(ブレイドダンス)〈13〉氷華の女王

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
精霊使いの剣舞(ブレイドダンス)〈13〉氷華の女王

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月22日 03時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 259p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040663838
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

所属不明の軍用精霊による学院襲撃事件から一週間。レスティアを喪ったカミトは失意の底に沈み、闇の力に囚われたエストもまた暗黒の化身へと堕ちていた。だが、そんなカミトの元に信じられない情報が舞い込んでくる。「―あなたの闇精霊は生きているかもしれないわ」と。レスティアの生存、そのわずかな可能性に賭け、リンスレットの故郷ローレンフロストの森へ向かうカミト。しかし、その前に立ちはだかるのはキリア山脈に吹き荒れる大吹雪だった。一方、森に現れたレスティアの元には、ルミナリス率いる神聖ルギア王国の騎士団が迫っていて…。無敵のエレメンタル・ファンタジー第13弾―極寒の地でカミトたちを新たな敵が待ち受ける―!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yobata

25
学院襲撃の際に記憶とエストを取り戻したカミト。そしてイセリアがレスティアの目撃情報を聞く事に。場所はリンスの故郷ローレンフロスト領、しかしそこは猛吹雪と気象が大荒れしており…。リンスレット回。もしやはっきりとしたリンス回て初⁈実は設定盛り沢山のリンスでようやく眠ってる妹の話に。二人だけの旅で意識しまくりのリンスに対しいつも通りの夜の魔王展開を繰り広げるカミト。お嬢様リンス魅力がやっと主役で出てきた巻だったけど、やっぱりエストが戻ってきてくれたのが良かったwダークエストに雪国衣装といつものコスプレ披露に→2015/05/02

sskitto0504

21
リンスレット回なのだけど、そこまでリンスレットがキス以外は活躍してないような…カミトのキスにはどんな効果があるんでしょう…何気なく、クレアも両親に会え、リンスレットもユーディアが解放されと伏線は回収してますが、戦争はまだまだ始まらなそうですね。アニメはすごく中途半端で終わりそうだなぁ…2014/08/24

まりも

20
ようやくのリンスレット回。嫁要素が高いのに出番は少ないという不遇ポジションからようやく脱却できそうで何より。淫魔王さまはキスをすることで嫁たちに力を与えるというこれからのサービスショットに期待できそうな新能力を取得したり、エストがダークエストになってみたりといつもの展開でした。リンスレットの妹も助かったしいつかは3姉妹丼的な展開になること期待してますね←2014/04/27

シンヤ

18
いつも通り。これぞライトなノベルって感じで、筆力の無さを開き直ってるところが一周して清々しい。非常にチープで薄っぺらいけど、キャラコメだけならまあいいかって感じの軽さ。しかしストーリーが進行する分、筆力のハリボテが仇になるこの作品ですね。メインヒロインのキャラコメはいいのだけれど、中身がスカスカなのでかえって面白いのが不思議。しかし、あっさり進行・解決ってレベルじゃないので緊迫感も読み応えと言ったストーリー性は一切無いのが痛いところか、どれだけ伏線重ねても軽い味になる。ワンパターンのノーパンチ解決がすごい2014/05/11

ノリヤマダ

17
【カミト、リンスレットと小旅行へ行く】待ちに待った、リンスレット回。戦闘からラブコメまで、もうメインヒロインクラスの大活躍ですよ。そして、一気にローレンフロストの問題まで解決とか、相変わらずのスピード展開。ご都合主義展開にも思えるけど、下手にだらだらするよりはずっといいと思うね。・・・それにしても、ダークエストとか雪の子エストとか、ほんの数ページの登場なのに、どのヒロインよりも(可愛すぎて)印象に残っちゃうエストちゃんのヒロイン力パネェ…2014/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8047880

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。