MF文庫J<br> 魔技科の剣士と召喚魔王(ヴァシレウス)〈3〉

個数:
電子版価格 ¥638
  • 電書あり

MF文庫J
魔技科の剣士と召喚魔王(ヴァシレウス)〈3〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月24日 03時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 295p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040660318
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

輝夜の追及から逃れ、ロッテ・美桜とともに匿われる一樹。しかし手引きした琥珀もまたロッテを「剣技科を優位にするための切札だ」と言い放ち、一樹たちは事実上の監禁状態となる。一方、消えた兄・一樹を捜索する鼎は“風神子猫”の威信をかけて琥珀と激突する!!剣技科、魔技科、何もかもがバラバラ―!一樹はレメとすべてを繋ぎ止める決意を新たにする。だが学院の深淵ではさらなる凶悪な悪意が蠢いていた。一樹たちを襲撃する未知の聖痕魔法使い“クアッドコア・マギカ”に、学院屈指の騎士候補生たちが対抗する陣形は―!?剣×魔の絶技、激闘総力戦!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナカショー

14
濡れ衣を着せられて魔技科から追われる身となった一樹たちが琥珀の助けを借りて、剣技科に逃げ込み反撃を行う第3巻。前回から引き続き小雪をデレさす話。好感度が3つ足りないから俺のことをもっと好きになってくれというのはこの作品にしかできない口説き文句っぽさで読んでて面白かったです。2016/09/21

リプトン

13
若干詰め込みすぎのような気もしましたが、その分話もどんどん進むのでテンポよく読んでいけました。そんな怒涛な展開のなかでも小雪の攻略をわりかし丁寧にしてくれて、そこまで好きなキャラじゃなかったけど告白のシーンはグッと来る可愛さでした。最後のバトルは戦闘事態はそこそこでも登場人物達がそれぞれで戦っていて総力戦といった感じが熱かったです。なんか主人公の性格が1巻の頃に比べ結構変わってるところとまだ作中時間が1ヶ月しか経っていない事実に「えっ?」という感覚でしたが、安定して楽しめてるので次巻も期待したいです。2013/12/04

まりも

11
安定感はあるんだけど消化しきれないモヤモヤ感も変わらずといった感じ。既にソロモンの悪魔はなんだったのか状態に入っているなぁ。主人公の性格も1巻と比べて変わりすぎていたりと急ぎすぎたんじゃないのかなと思いました。やたらと詰め込みすぎたせいで読んでいてもついていくことが出来ず乗り切れませんでした。もう少しゆっくりとしたペースで進めていった方が素直に楽しめたかなぁと思います。今回で一区切りついたので次巻買うかは未定。2013/10/27

朝夜

11
読了。主人公の変態レベルがかなり上がってる気がするんだががが(オチツケ 今回はかなり怒濤の展開でした。もはやあまりソロモンの悪魔関係なくね?状態でしたが面白いので気づかなかった事にしておきましょう。 登場キャラも確実にデレてきたし新しい攻略キャラも増えてきので続きも楽しみです。 ナイアーラトテップが登場した時に言ったロッテのセリフで『ニャル子の事か--ッッ!?』と、思ったのは俺だけじゃないはず(マテ2013/10/27

METHIE

9
ニャル子さん(弱体化)と戦って勝つのであった。2014/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7384437

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。