メディアファクトリーのコミックエッセイ<br> めづめづ和文化研究所京都 (新装版)

個数:
電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり

メディアファクトリーのコミックエッセイ
めづめづ和文化研究所京都 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 07時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784040651484
  • NDC分類 382.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

『ダーリンは外国人』のさおり&トニーが、京都で和文化に飛び込んでみた!【 累計300万部突破!
「ダーリンは外国人」著者の和文化探訪記、待望の新装版!! 】

時を超えて受け継がれてきた、愛すべき日本の文化。
さおり&トニー夫妻が古都京都で、その真髄を堪能してきました!
職人、住職、神主、女将……
たくさんの魅力的な人々とお届けする京都和文化探訪、スタートです!

【収録内容紹介】
●平安時代の貴族の楽しみ、香りで遊ぶ「香道」
●「手は道具」と語る職人さんと作る「和菓子」
●風流の極み、川床で「俳句」バトル!
●かえるが鳴く雨のお寺で、住職に教わる「茶道」
●美しき日本庭園の代表「枯山水」を描いてみる
●見立ててもらった素敵なレンタル着物で京めぐり
…など、はんなり楽しい20の和文化体験レポ!


【新装版の追加内容】
●英語視点で理解深まる&伝えられる! トニー執筆和文化レクチャー!
●初めてでも楽しめるコツ満載! 初心者Q&A


小栗 左多里[オグリサオリ]
著・文・その他

トニー・ラズロ[トニー ラズロ]
著・文・その他

内容説明

時を超えて受け継がれてきた、愛すべき日本の文化。さおり&トニー夫妻が古都京都で、その真髄を堪能してきました!職人、住職、神主、女将…たくさんの魅力的な人々とお届けする京都和文化探訪、スタートです!

目次

第1章 伝統の作法・たしなみ(香道;茶道;華道;弓道;煎茶を淹れる;骨董品鑑定;曲水の宴を川床で)
第2章 お寺・神社と町家(枯山水;宮大工の技;精進料理;雅楽;対談 日本語の過去への旅;町屋の建築)
第3章 伝統工芸と京のくらし(扇子;友禅;蒔絵;象嵌;和菓子;着物で人力車;投扇興;針;風呂敷)

著者等紹介

小栗左多里[オグリサオリ]
岐阜県生まれ。1995年に『空に真赤なモノレール』でデビュー。2012年にベルリンに一家で移住した

ラズロ,トニー[ラズロ,トニー] [L´aszl´o,Tony]
ハンガリー人の父とイタリア人の母の間に生まれ、米国に育つ。1985年より日本を拠点にライター活動開始、92年から多文化共生を研究するNGO「一緒企画(ISSHO)」を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

榊原 香織

63
トニーさんの旺盛な好奇心と器用さにはいつも感心する。 京都で日本文化体験。 前半は茶道とかよく知られている者、後半は投扇興とか珍しい物。  和菓子作りが意外に難しそうです。トニーさん、手の温度が高いからかな。 色素に蚊の血、とあるのはコチニール(赤、カイガラムシだがオスは蚊に似る)のことかな? 所々英語併記2022/02/16

にゃおにゃお

5
絵もかわいくて読みやすかった。 日本の文化についてわかりやすく説明。 私は茶道をしているが、その他の事はよくわかっていなかったので、入り口を見せてくれた感じがした。 特に枯山水を描くというのが興味深かった。 日本文化奥深いです。2018/11/22

むさみか

4
新版では トニーさんによる 和文化レクチャーが英語で載ってるそうです 所々分かる部分を拾い読みしてると 上手い事説明するなぁと感心します 個人的に一番面白かったのは トニーさんと 言語学者堀井令以知先生との対談 御所言葉について 語り合ってますが トニーさんの 言語オタクっぷりがいい 堀井先生はさすがの 大河ドラマ監修者! 2021/10/18

kinta

3
新装版で、英語の解説が増加している模様。和紙だの御茶だの、川床だの、京都に残る文化を体感。読み進めていると、「職人」の文化をまざまざと見せ付けられたような気がする。東洋圏の日本人の特殊さはここなのか、という深層を覗き込んでいくためのトバグチとなっている。2018/09/15

ゆうぴょん

2
あ~。京都行きたい。 と思って借りてみました。和文化、体験していなことがいっぱい。実は茶道を習ってみたい私ですが、言うだけとなっている…。あと、砂庭の描き方がそうなっていることに驚き。2021/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13095129

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。