感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

感染症とワクチンについて専門家の父に聞いてみた

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月15日 11時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 128p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784040649962
  • NDC分類 493.8
  • Cコード C0095

出版社内容情報

感染症で大変だけど、そもそも「ウイルス」って何なの?
外科医で漫画家のさーたりがウイルス学の第一人者である父と夢のコラボ!
麻疹・風疹、おたふく、ポリオ、ロタ、インフルエンザ、新型コロナウイルス……
ウイルス学の専門家である中山哲夫氏監修のもと、
人類がたどった“感染症との闘い”がマンガでわかる!

内容説明

外科医で漫画家・3児の母であるさーたりが、ウイルス学の専門家である父へ単刀直入に聞いてみた!ロタ、ヒブ、風疹、麻疹、おたふくかぜ…幼児期に必ず受けた予防接種でよく聞く感染症ウイルスも登場。父娘による「マンガでわかる感染症とワクチン物語」!

目次

第1章 感染症っていったい何なの?(感染症とは?;感染症とワクチンの歴史)
第2章 感染症について知ろう1 生ワクチンで防げる病気(麻疹と風疹;おたふくの水痘;結核;ロタウイルス)
第3章 感染症について知ろう2 不活化ワクチンで防げる病気(ポリオ;DPT;インフルエンザ菌と肺炎球菌)
第4章 インフルエンザと新型コロナウイルス(インフルエンザ;新型コロナウイルス;ワクチンの光と影)

著者等紹介

さーたり[サータリ]
消化器外科医・3児の母・漫画家。アメブロ公式トップブロガー

中山哲夫[ナカヤマテツオ]
小児科医として病院勤務を経て42歳で転身、北里研究所でウイルスの基礎研究を始める。北里大学特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

63
歴史に残るパンデミックの只中にいる今こそ読めて良かった1冊!書店で気になりつつも、偏ってるのかなとか説教くさいのかなとか思い手に取らず仕舞いだったのですが笑、KU入りで読了。歴史上の代表的な感染症、その原因、それに対するワクチンや予防接種が生まれた歴史と開発の経緯など、文章にしたら難しそうな内容がさーたりさんの力量によりとても分かりやすく解説されている。図解の部分は手書き文字でなく活字の方が読みやすいかも。予防接種議論は子どもを生むと必ずと言っていいほど降りかかる問題だと思うので最初の1冊にお薦めしたい。2021/08/06

なると

53
自身を腐女医と呼ぶ現役外科医で漫画家のさーたりさん。以前NHKにご出演されていたので興味があった。この本の内容ではないけど、ご自身が手術したとき局所麻酔で自分の子宮をお腹の上に置いてもらって喜んでる漫画を描いてました(笑) 新コロワクチン接種の判断目的で読んだけど、その記述が少なくて私としては少し残念だった。でも漫画なので感染症、その他ワクチンの種類についてはよく理解できます◼️デマや悪口、感染者への差別がウイルスよりも早く広まる。感染した人は非難を恐れて隠れ、さらに感染がひろがる。人は災害をうけたとき→2021/07/31

14番目の月

41
感染症とワクチンについてとても解かりやすく書かれている、イラストと文字のバランスもよくてとても読みやすい。 ワクチンは打ちたくないという人たちに、読んでもらいたい。 2022/01/12

anne@灯れ松明の火

26
ネットニュースご紹介。遠い方で。コミック形式、文章の説明部分も大きな文字で読みやすい。ただし、内容的にはかなり専門的。さーたりさん、初読み。現役外科医で、3児の母で、漫画家、両親、夫も医者、すごい。「人は災害を受けた際に助けに来てくれる人には感謝するが、予め災害が起こらないようにした人には関心を示さない。薬やワクチンがどれだけ進化しても変わらないのが人の心だよ。デマや悪口、感染者への差別が菌やウイルスよりも早く広がる。感染した人は非難を恐れて隠れ、さらに感染は広がる。正しく知って正しく恐れる」確かに……。2021/03/17

メガ猫親父

26
内容としては全くもって正統的なことですね。逆に言うとそれだけ正しい理解がされていないということでしょうか。2020/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16519303

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。