MF文庫J<br> Re:ゼロから始める異世界生活〈Ex4〉最優紀行

電子版価格 ¥682
  • 電書あり

MF文庫J
Re:ゼロから始める異世界生活〈Ex4〉最優紀行

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040642659
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

これはルグニカ王国の趨勢を決める『王選』が始まる前日譚。
王家の断絶に揺れるルグニカ王国、国を守るべく奔走する近衛騎士たちに下ったのは、隣国である『神聖ヴォラキア帝国』へ向かう外交使節団への同行と、その護衛の任だった。建国以来、王国との衝突を繰り返してきた帝国。弱肉強食、適者生存を是とする強者の哲学が生きる帝国で、ユリウスとフェリス、ラインハルトの三人は、血の香り渦巻く帝国の闇へ足を踏み入れることになる。「僕はね、『剣聖』殿に教えてもらったんですよ。――僕は、一人ではなかったんだと」最強と最強、王国と帝国が交錯する激動の前日譚。――その日、最優はその瞳に、何を見る。

内容説明

これはルグニカ王国の趨勢を決める『王選』が始まる前日譚。王家の断絶に揺れるルグニカ王国、国を守るべく奔走する近衛騎士たちに下ったのは、隣国である『神聖ヴォラキア帝国』へ向かう外交使節団への同行と、その護衛の任だった。建国以来、王国との衝突を繰り返してきた帝国。弱肉強食、適者生存を是とする強者の哲学が生きる帝国で、ユリウスとフェリス、ラインハルトの三人は、血の香り渦巻く帝国の闇へ足を踏み入れることになる。「僕はね、『剣聖』殿に教えてもらったんですよ。―僕は、一人ではなかったんだと」最強と最強、王国と帝国が交錯する激動の前日譚。―その日、最優はその瞳に、何を見る。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

36
ルグニカ王国の趨勢を決める『王選』が始まる前日譚。王家の断絶に揺れるルグニカ王国。国を守るべく奔走する近衛騎士たちが、ヴォラキア帝国の外交使節団に同行し、そこでの争乱に巻き込まれる外伝第四弾。強者の哲学が生きる帝国でユリウスとフェリス、ラインハルトの三人が九将の一人を殺したのではと疑われ、皇帝を連れながら逃走し追手の帝国の九将たちと戦う展開で、三人それぞれに見せ場がありましたけど、やはり多少ハンデがあったとしてもラインハルトの実力は圧巻でしたね…帝国一の実力者セシルスも快活なキャラでなかなか印象的でした。2020/05/01

かんけー

29
読了♪今回はルグニカ王国が誇る3人の王国騎士の帝国ヴォラキアへの外交使節団護衛任務を通した帝国の規格外のキャラ達の前振り興行だと?(^_^;)まぁ、一番の癖者は帝国皇帝のヴィンセント・ヴォラキアその人物で有る事は間違いない!w超個性的なキャラが陸続とまぁ次々に出て来てw読んでてハラハラ(^_^;)冒頭から緊張感半端ないのに?さらにトンでもの爆弾投下に相変わらず容赦ねえなぁwと嘆息!ハラドキの連続でフェリちゃん鳴らぬw読んでる自分もビビると(^_^;)その構成の妙に納得( ̄ー ̄)b然し?バルロイ殿、→2019/12/29

まるぼろ

15
本編の前日譚。王家の断絶に揺れるルグニカ王国は隣国ヴォラキア帝国からある要望を受け、近衛騎士のラインハルト、ユリウス、フェルトの三人も護衛として帝国入りするが…と言うお話です。とても面白かったです。「最優紀行」という事もありどちらかと言うとユリウスの「若さ」が割と目立つ話でしたが、ラインハルトもフェリスも二人らしい活躍があった話でした。それにヴィンセント閣下やセシルスなど魅力的なキャラも多数登場してきて、特にセシルスなどはラインハルトに好影響を与えそうな良キャラだったと思えました。次巻は本編、楽しみです。2020/01/03

くもり

9
いきなり大人数の新キャラが出てきてびっくり。これまた個性的なキャラたちなので本編キャラとの絡みも楽しみだ。本人たちは大変だっただろうけど、ラインハルトは言わずもがなで、ユリウスも強いから安心して読んでられた。三人それぞれの悩みがわかって良かった。三人とも難儀な性格してるよね。2020/03/14

りるぷん

8
王選前日譚帝国と王国の間の話でした。まあ読み終わってみればラインハルトtueeeって印象で終わったんですが、意外だったのが龍剣抜いたとこかな?相手のセシルス少し小物っぽいんで、あれだけ引っ張った龍剣ネタが安っぽくなってしまって残念。帝国クーデーター話も帝国よえーにしか自分にはうつらなかったです。それよりラインハルトが監視塔行った話とかのが読みたかったかな。帝国皇帝も劣化プリシラ様にしかみえないし個人的にはいらない短編でした★☆☆☆☆2020/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14808699

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。