MF文庫J<br> Re:ゼロから始める異世界生活短編集〈5〉

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

MF文庫J
Re:ゼロから始める異世界生活短編集〈5〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月21日 06時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784040641263
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

短編集第五弾、再び語られる本編の外の物語!
フェリスに治癒魔法を教えた導師ガリッチ。その師弟の日々と、『青』の称号を受け継ぐまでを描く『王戦前日譚 青の継承者』。
幼き日のアナスタシアが、可愛い猫の三姉弟を手に入れるために奮闘し、運命と出会う『カララギガール&キャッツアイ』。
オットーの強制里帰りに、護衛と賑やかしで同行するスバルとガーフィール。いまだ絆の浅い三馬鹿が事件に出くわす、『三馬鹿が行く! 土蜘蛛編』。
「ナツキさんって、一緒にいてもいなくても迷惑かけてくるのやめてくれませんかねえ!?」
いずれも今を築く、絆のための物語。全編Web未掲載、この物語、必見――!

内容説明

短編集第五弾、再び語られる本編の外の物語!フェリスに治癒魔法を教えた導師ガリッチ。その師弟の日々と、『青』の称号を受け継ぐまでを描く『王選前日譚 青の継承者』。幼き日のアナスタシアが可愛い猫の三姉弟を手に入れるために奮闘し、運命と出会う『カララギガール&キャッツアイ』。オットーの強制里帰りに、護衛と賑やかしで同行するスバルとガーフィール。いまだ絆の浅い三馬鹿が事件に出くわす、『三馬鹿が行く!土蜘蛛編』。「ナツキさんって、一緒にいてもいなくても迷惑かけてくるのやめてくれませんかねえ!?」いずれも今を築く、絆のための物語。全編Web未掲載、この物語、必見―!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

47
サブキャラ達の魅力が味わえて、本編とは違う雰囲気が堪能できる。2021/12/30

よっち

32
フェリスに治癒魔法を教えた導師ガリッチとの師弟関係と『青』の称号を受け継ぐまで、幼き日のアナスタシアが可愛い猫三姉弟を手に入れるために奮闘したさなかに起きた運命の出会い、オットーの強制里帰りにスバルとガーフィールが護衛と賑やかしで同行する短編集第五弾。いろいろタイムリーなタイミングでの各話のエピソードだったような気がしましたけど、個人的にはやはり運命的な出会いがあってオットーを意識してきたマローネと、そんな彼女を気にかける弟レギンという構図の中で、何とも彼らしい選択をしたオットーがとても印象に残りました。2019/10/17

かんけー

20
読了♪久々の短編集(^.^)「王選前日譚青の継承者」フェリスの治癒術師としての経緯とその師匠との関係性を良い具合のペーソスと真剣味のバランスで読ませるエピ♪フェリスもグッド印象だけども?自分はフーリエ王子が凄く好印象で好き。ホント惜しい人を...おっと、それとやっぱしクルシュさん!その男前の決断力と女性らしい繊細さを併せ持ったキャラに、惚れ惚れ♪Re ゼロでも貴重なそのキャラクターが失われて久しいが、レム同様早く元のクルシュさんに戻って欲しいと!閑話休題?師匠のガリッチ先生が良い人で善かった♪多少→2019/10/10

まるぼろ

20
Re:ゼロの短編集も今巻で五巻目、今巻はフェリスと「青」の称号に纏わるお話、アナスタシアと襟ドナに纏わるお話、そしてオットーが里帰りする羽目になってそれから…と言うお話の三本立てです。今巻もどの話も面白かったです。フェリスの話は師匠の仇討ちと言う話なので物悲しくなる話ではありましたが、以外な関係も見て取れて興味深かったです。アナと襟ドナの話は本編的にタイムリーな所もあって、その出会いが読めてよかったなとも。オットーの話は、何だかんだ言ってオットーはみんなに愛されてるなって所が読み取れて、→2019/10/06

りるぷん

10
1本目クルシュ陣営フェリスのお話。2本目アナとエキドナの出会いの話。3本目オットーの里帰りのお話。短編らしくそれぞれのキャラの掘り下げストーリーになってますね。アナとエキドナの関係は本編にも影響する内容かと。あとフェリスのお話には奴が出てきましたね⁈これはもしやのやつなのでは?3本ともそれなりの内容でしたが、正直そこまで面白くなかったのが個人的感想です。満足度★★☆☆☆2019/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14297322

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。