世界のともだち<br> ベトナム―ふたごのソンとチュン

個数:

世界のともだち
ベトナム―ふたごのソンとチュン

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月05日 11時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 40p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784036481101
  • NDC分類 K292
  • Cコード C8336

出版社内容情報

メコン川沿いの小さな村に住むふたごのソンとチュン。両親が営む果樹園を手伝ったり、川で釣りをしたり、いつも一緒の兄弟です。

内容説明

ふたごのソンとチュンは、ベトナム南部のメコン川沿いにある家で家族とともにくらしています。両親が営む果樹園や家の手伝いをしながら、川で釣りをしたり、工作をしたりして仲よく遊ぶ兄弟です。小学校中学年から。

著者等紹介

鎌澤久也[カマザワキュウヤ]
1952年岩手県生まれ。東京写真専門学校卒業。(社)日本写真家協会会員。駒澤女子大学非常勤講師。1980年よりアジアの人々、とりわけ少数民族の生活に関心を抱き、彼らの衣、食、住に関わる写真を撮り続ける。近年はメコン川や長江などの大河を遡上し、そこに住む人たちの生活に密着して写真を撮っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆみきーにゃ

71
世界のともだちシリーズ初の双子。ハンモックは家族みんなの憩いの場。朝早くから学校が始まりお昼に終わり午後は遊びの時間。夕飯は家族団欒の時間。20時には就寝。すごく健康的な生活。2021/05/31

12
図書館本。いろんな国の子供たち(ともだち)の生活を覗いてみよう、なシリーズのベトナム編。村で一組だけの双子の兄弟ソンとチュンの日常。兄弟仲もだけど、家族がみんな仲が良いのが写真から伝わってくる。学校は2部制で午前の部だと朝7時に授業が始まって11時10分で終了。1限が45分だそうで、休憩5分の5時間かな、と想像してみる。午後にはもう帰れるのはちょっと羨ましいけど、これはこれで大変そうだ。2018/07/22

ツキノ

7
ふたごのソンとチュン。顔は似ているけれど、書く字がちがうね。お気に入りのおもちゃや服を見せている笑顔がいい。ハンモックでひと休み…涼しそうだしからだもよさそう。2014/09/04

あやっぴ

4
ふたごのソンとチュン。仲が良くて、読んでいて微笑ましかった。2014/11/13

TAGO

2
ベトナム南部のメコン川沿いにある家で暮らす双子のソンとチュン。 川を利用した住まいと暮らし。 川の側は涼しいので、暑い盛りにはハンモックでひと休み。 このお宅、数えてみたらハンモック5つも設置していた! そして『世界のともだちシリーズ』で毎回楽しみなのが家の間取り図と家庭料理。 ほのぼのタッチのイラストの間取り図を眺めながら、しばし想像の世界。 家庭料理の紹介ページは4ページに渡り、下ごしらえ調理の様子、そして肉と魚介類と野菜のバランスが良い料理の数々。 ベトナム料理食べたくなってきた〜 2019/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7880393

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。