世界のともだち<br> バングラデシュ―わんぱくアシフと青い自転車

個数:
電子版価格 ¥1,782
  • 電書あり

世界のともだち
バングラデシュ―わんぱくアシフと青い自転車

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月26日 17時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 39p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784036480906
  • NDC分類 K292
  • Cコード C8336

出版社内容情報

ダッカの中心部からガンジス川をわたった先が、アシフの暮らす街。大好きな青い自転車に乗って、今日も街を走りまわります。

内容説明

バングラデシュの首都、ダッカ。人であふれる街をぬけ、ガンジス川をボートでわたった先にアシフがくらす家があります。宝物は青い自転車。お父さんの鳩小屋から自転車をひっぱりだしてアシフの1日がはじまります。小学校中学年から。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆみきーにゃ

81
すごい偶然知り合った6歳アシフと著者。どの写真からも人々の人懐っこさが感じられる。まだまだ男尊女卑の世界なんだろうね。2021/05/20

なにょう

10
インドのとなりのバングラデシュはイスラム世界。イスラムの国を作ろうって1971年に新しくできた国。人がたくさん。中国よりももっと多いんだろうなあ。いつもだれかと一緒。狭い部屋、台所も他の家族と共用。でもご飯はみんなで分けて食べる。かまど。たきぎで火をおこす。そなえつけの包丁って初めて見た。やぱり食べ物に一番興味が湧く。2015/03/09

mawaji

9
ちょうど一年前くらいに新宿オペラシティアートギャラリーで開催された石川直樹氏の写真展「この星の光の地図を写す」の物販コーナーで購入。「世界のともだち」シリーズの中で著者のものは他にフィリピンもありましたがバングラデシュのほうを選択。ご近所付き合いの濃密さや何もない広っぱでただひたすらに駆け回る子どもたちの様子は、1960年代の昭和を思い起こさせます。エレキタイプの赤いウクレレを抱える姿や、お箸や工具のようなものでブリキの太鼓を叩くしぐさはなかなかサマになってます。川岸で見送る人たちの写真、とてもいい感じ。2020/02/29

9
図書館本。いろんな国の子供たち(ともだち)の生活を覗いてみよう、なシリーズのバングラデシュ編。国の名前だけは知っていたけど、1971年に出来たばかりの新しい国だというのは恥ずかしながら初めて知った。街は人でいっぱいで、一つの建物にいくつかの家族が共同生活している。宝物の青い自転車に乗るアシフののびのびした笑顔が可愛い。2018/06/24

うえだあや

8
アシフにとって青い自転車が、本当にとても宝物なんだなと感じた。2014/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7880722

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。