シノダ!指きりは魔法のはじまり

個数:

シノダ!指きりは魔法のはじまり

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月09日 12時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 265p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784036441006
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

「うそついたら、カエルの口になぁれ」モエが幼稚園で知らない男の子とした指きりがきっかけで、信田家はとんでもない大騒ぎに!

富安陽子[トミヤスヨウコ]

大庭賢哉[オオバケンヤ]

内容説明

人間のパパとキツネのママ、そして、キツネ一族から特別な力をうけついだ三人の子どもたち。そんな信田家は、個性的なキツネの親戚がおしかけてきたり、人ならぬものたちの世界にまきこまれたり、トラブルがたえない。ある日、末っ子のモエは、幼稚園で男の子から、ぬけ穴を通って、いいとこにいこうとさそわれる。秘密を守る約束に、その子と、ふうがわりな指きりをしたことが、とんでもないできごとのはじまりだった。小学校高学年から。

著者等紹介

富安陽子[トミヤスヨウコ]
1959年東京に生まれる。和光大学人文学部卒業。『クヌギ林のザワザワ荘』により日本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、「小さなスズナ姫」シリーズにより新美南吉児童文学賞、『空へつづく神話』により産経児童出版文化賞、『盆まねき』により野間児童文芸賞、産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。『やまんば山のモッコたち』はIBBYオナーリスト2002文学作品に選ばれた

大庭賢哉[オオバケンヤ]
1970年神奈川県に生まれる。漫画家・イラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takaC

72
竜の絡んだ話だと分かったときに思い浮かんだチビ竜が最後の方で出てきて嬉しかった。チビ竜を拾った頃とこどもたちの年齢が同じことにはうまく触れないように書いてあった。2017/02/12

ミーコ

36
「シノダ!」シリーズ新刊が出てるのを知り図書館に予約しました♪ どんなお話かワクワク・・・。今回はモエちゃんが主人公。面白かったです。ちび竜が出て来て 懐かしい友達に会った様な気分になりました☺️ あとがきを読んで 次作の事も触れてありウキウキ…。 待ち遠しいです。2017/12/19

バニラ風味

22
このシリーズ、面白くて、大好きです。もう10作目なのですね。シノダ家の末娘、モエがちょっとした事件に巻き込まれます。そして、その秘密を破ってしまった時、とんでもないことが。モエだからこそ見えて、モエだからこそ、関わることになった、池に関わる不思議な伝説とは。私は、カエル好きだから、ちょっと微笑ましかったです。2016/12/20

プル

16
モエちゃんがメインのお話。今回はカエルさん🐸が関わってくるだけでなく、懐かしのチビ竜!そしておばあちゃんが相変わらずカッコイイ!10巻で終わりなのかと思いきや、11巻目が出たばかりとなりました。早く次が読みたいなぁ。2019/09/23

みさどん

16
シリーズものだった。キツネと人間の両親と三人の子どもたちの不思議話。子ども向けだけれど富安さんの物語は言葉が精選されているので、スッキリ楽しめる。埋められる池の周りの石、呪いで変えられていたカエルを救おうというお話し。キツネの魔力を少しずつ持つ登場人物たちが魅力的。一巻目を読まなくちゃと思った次第。2017/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11202246

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。