偕成社ワンダーランド<br> 流れ行く者―守り人短編集

個数:
  • ポイントキャンペーン

偕成社ワンダーランド
流れ行く者―守り人短編集

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月22日 21時00分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 275p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784035403609
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

内容説明

父を王に殺された少女バルサ。親友の娘を助けるためにすべてを捨てたジグロ。ふたりは追手をのがれ、流れあるく。二度ともどらぬ故郷を背に。守り人シリーズ「番外編」にあたる短編集。

著者等紹介

上橋菜穂子[ウエハシナホコ]
立教大学博士課程単位取得(文学博士)。専攻は文化人類学。オーストラリア先住民であるアボリジニを研究。女子栄養大学助手を経て、川村学園女子大学准教授。著書に『精霊の木』『月の森にカミよ眠れ』(日本児童文学者協会新人賞)『精霊の守り人』(野間児童文芸新人賞、サンケイ児童出版文化賞)『闇の守り人』(日本児童文学者協会賞)『夢の守り人』(路傍の石文学賞)など。2002年巌谷小波文芸賞受賞

二木真希子[フタキマキコ]
愛知教育大学美術課程卒業後、テレコムアニメーションフィルムに入社。フリーを経て現在はスタジオジブリでアニメーションの原画を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

七色一味

100
読破。対象年齢は小学校中・高学年。決して不惑を越えたおっさんが、満員電車の中で紐解く本ではない──。にもかかわらず、だ。頁を開けば、そこは慣れ親しんだ新ヨゴ。戻ってきた──そんな落ち着く感覚と共に、まだ幼少のバルサとタンダに会える。守人シリーズも残すところあと一冊、『火路を行く者』。これも早く文庫化して欲しい。電車の中で恥ずかしくなくなるから…。2013/03/29

R

88
守り人の外伝、バルサの若かりし日を描いた作品集でした。本編でも少しだけ触れられていたエピソードが大きく膨らまされていて、ファンタジー色がより強い、だけど少し切ない物語ばかりで楽しめました。くっきりとしたオチではないけども、どこか物悲しいような、仕方ないとは違う、そういうものだといった雰囲気で終幕するのが素晴らしく、余韻を堪能できるものばかりでした。特に、架空の賭場でのやりとりが痛快かと思えば、職業と趣味の違いといえばいいのか、生きることを暗喩していて大好きでした。バルサの話が好きなんだなぁ。2017/07/31

kaizen@名古屋de朝活読書会

85
短編4話。 浮き籾(うきもみ) ラフラ<賭事師> 流れ行く者 寒のふるまい 「浮き籾(うきもみ)」は、タンダが小さい頃の話。バルサとの出会い。 「ラフラ<賭事師>」は、バルサと養父のジグロの話。 「流れ行く者」は、ジグロとバルサの旅の話。 「寒のふるまい」は、タンダの掌編小説。2013/04/19

ちはや@灯れ松明の火

84
血と酒の臭いが漂う薄暗い道から道へと渡り歩く大小二つの影は、かつて誇り高き王の槍と称された父と、やがて凄腕の女用心棒と呼ばれることになる娘。芽吹かぬ浮き籾のようにひとつ所に留まることなく流れ行き、繰り返す出会いと別れ、目の当たりにする人生の影。漂泊の日々の中、多くを語らぬ寡黙な父が娘に与えたもの、一人でも生き抜いていける知恵を、自らの身を守り闘う術を、時折覗かせる慈愛溢れた笑みを、己の生き様そのものを。浮き籾ではない、父の遺した心は確かに娘の中に根を張り受け継がれ、やがて始まる新たな物語へと続いていく。2010/12/02

ゲンショウ

72
我が娘命託す父哀し…確かに、迷惑を感じたのかも知れない。ただ、私は自分の道を見失っていた…闇に舞って以降。強く在りたい…誰よりも強く。そう願い、ただただひたすらに生きた。でも、闇に舞う槍に歓喜は無かった。そんな時、お前を託された…。お前との生活は、他人から見れば修羅の道。だが、私には人の営み。怒り、悩み、喜び…。そして、お前の才に妬みと憧れを感じた。私は人として活き、人として逝けた。我が娘、バルサよ…だから、無理をするな。2014/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574889
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。