絶景のふしぎ100―世界と日本の美しい風景・すごい地形のなぜ

個数:

絶景のふしぎ100―世界と日本の美しい風景・すごい地形のなぜ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月26日 06時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784035286004
  • NDC分類 K454
  • Cコード C8044

出版社内容情報

日本をふくむ世界の「絶景」と呼ばれる美しい風景やすごい地形が、なぜそう見えるのか、どうできたのかなどを、美しい写真とともにわかりやすく解説。本文は「山と大地の絶景のふしぎ」「岩や岩山の絶景のふしぎ」「海や海岸の絶景のふしぎ」「川や湖の絶景のふしぎ」の4章構成で、随所に特集コラムのほか、巻末にくわしい用語解説。監修は、日本大学文理学部地理学科の特任教授で、日本を代表する絶景の富士山を研究する、富士学会の理事長も務める佐野充先生。

内容説明

ふつうは見られない、すばらしい景色を「絶景」といいます。見たら思わず「きれい!」「すごい!」とつぶやいてしまう絶景が、世界や日本にはいくつもあります。でも、絶景は、昨日や今日できたものではありません。長い年月をかけて、大地の活動、雨や風、川の流れや海の波、生物の活動、ときには宇宙からきた隕石などが、その土地などに働きかけてできたのです。この本では、だれもがふしぎに思う絶景の疑問に、ズバリ回答します。最初から読むのもよし、美しい写真をじっくりとながめるのもよし…あなたの好きなスタイルで、絶景のふしぎをめぐる旅を楽しんでくださいね。

目次

第1章 山と大地の絶景のふしぎ(深さ1600mもの大峡谷はどうやって生まれたの?;切り株みたいな形の丘はどうやってできたの? ほか)
第2章 岩や岩山の絶景のふしぎ(なぜジャングルの中に岩山がそびえているの?;そびえ立つ「悪魔の塔」の正体は? ほか)
第3章 海や海岸の絶景のふしぎ(干潮時に大聖堂が現れるビーチがある!?;島の周りに岩の帯がならんでいるのはなぜ? ほか)
第4章 川や湖の絶景のふしぎ(空と地上がひとつになる場所がある?;人がプカプカ浮いてしまう死海のひみつとは? ほか)

著者等紹介

佐野充[サノミツル]
静岡県富士宮市生まれ。日本大学文理学部特任教授、富士学会理事長、理学博士。地理学者として、人間と自然の関わりや、それを活かした街づくりなどの研究をおこなう。日本地理学会理事、日本地域政策学会理事、ツーリズム学会理事などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けんとまん1007

45
既知のところもある。が、行った場所はない。写真だけでなく、どうしてできたかが書かれているのがいい。地球の不思議さと、懐の深さだ。2021/09/12

d2bookdd

15
本当に数か所ですが行った事のある場所が載っていて嬉しいです。なぜ、その地形が出来たかの解説が丁寧です。地理、地学を学んでいる方にも良いと思います。2021/10/02

きのたん

4
【課題図書】やはりセノーテと青の洞窟が良い。鳴門海峡の渦潮は前から下の方で洗濯機みたいになってるのかと思っていたが、ただの高低差だった。2021/12/06

Hiroki Nishizumi

4
海外にも憧れの地は多いが、まずは国内の未踏から行こう!2021/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16991333

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。