金の波 銀の風―黒ねこサンゴロウ旅のつづき〈4〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

金の波 銀の風―黒ねこサンゴロウ旅のつづき〈4〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 17時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784035282907
  • Cコード C8393

出版社内容情報

サンゴロウがマリン号でさまざまな島を訪れ、事件や人物にであう、黒ねこサンゴロウ番外編。「みどりの小鳥」「幽霊船」など3編。   小学校中学年から

内容説明

マリン号とサンゴロウが金の波と銀の風のあいだでであった、ふしぎな生きもの、ふしぎな事件。みどりの小鳥と幽霊船と、そして謎のねこ。マリン号ででくわしたさまざまな事件、短編3編。「黒ねこサンゴロウ」番外編の短編集です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

つくよみ

51
図書館本:黒ねこサンゴロウ、通算9巻目。にして、初の短編集。サンゴロウとマリン号が航海中に出合った、緑の小鳥と幽霊船と、謎の猫にまつわる3篇の物語。嵐の夜、大海原の真ん中で助けた珍しい小鳥の故郷を探して、東奔西し、船の修理のために立ち寄った島では、偶然耳にした、幽霊船騒動の謎を解き、辺鄙な無人島では、不思議な年老いた猫と出会う。どの話を取っても、サンゴロウの漢らしい魅力が光っていた。自身の謎解きは進まなかったけれども、今、この生き様を魅せているサンゴロウがいるのなら、過去探しはもう良いかな?とも思える。2013/12/12

小夜風

32
【図書館】今回のサンゴロウは番外編で短編集でした。どれもサンゴロウらしいお話で、短編も良いなぁって思いました。相手に同情するでもなく情けをかける訳でもなく……でもサンゴロウの優しさがにじみ出るようなお話でした。ホント、サンゴロウは格好良いなぁ♪2015/10/14

yohiiiidayo

17
黒ねこサンゴロウシリーズ9作目読了。短編集。どれも面白いですが、「王様の島」が個人的に印象的。サンゴロウのセリフ、「けっしてたいくつなんかしていなかった。だいじなのは、つまり、それだ。」がとても好き。2016/12/23

クサナギ

11
最終巻の前に短編集をはさんでくるとは……ニクいねえ……(^o^ゞ時系列がよくわからないのもあってか、サンゴロウと一緒にあてのない旅をしているように波に揺られました。なんだか『ポーの一族』のような読後感。2016/11/07

シュウ

10
やっぱりサンゴロウはカッコいい。2018/01/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/488293

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。