黒ねこサンゴロウ旅のつづき〈2〉青いジョーカー

個数:

黒ねこサンゴロウ旅のつづき〈2〉青いジョーカー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月05日 01時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 132p
  • 商品コード 9784035282709
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

サンゴロウが危険な仕事をしているのでは、と気が気でないイカマル。やっと手に入れた自分の船イルカ号でサンゴロウを追うが?。   小学校中学年から

内容説明

ぼくの名まえはイカマル。海上でマリン号を自分の手足のようにあやつる、サンゴロウ親分に、あこがれて、ぼくは一せきのおんぼろ船を手にいれ、カニヘイさんに修理してもらう。船の名まえは、イルカ号。親分にこの船をみせる日が、たのしみだ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

つくよみ

49
図書館本:黒ねこサンゴロウ、通算7巻目。サンゴロウを「親分」と慕う、イカマルの視点で話が進む。サンゴロウとの冒険の後、仕事に精を出し、ボロボロの中古ながらも、ついに船を手に入れたイカマル。彼の前に、サンゴロウを付け狙う、怪しい人物が現れて・・・?懐かしい人の消息話の後、急転直下、話はきな臭い方向へ。危ない橋を渡るサンゴロウに、必死で付いていき、力になろうとするイカマル。ラスト、師弟組んでの海賊行為でも必死の働きを見せる、頼もしい成長っぷり。その目を通して見たサンゴロウの漢っぷりも、相変わらず最高だった。2013/12/10

小夜風

28
【図書館】サンゴロウに憧れるイカマルの話。いつも足手まといにばかりなるイカマルにちょっとイラついてたんですが、今回のイカマルは凄い成長してました。児童書とは思えないようなドキドキハラハラな展開にワクワクしました♪危ない仕事……危ない薬……が、カリン草という青い花なのも何か幻想的で良かったです。サンゴロウはホント格好いいですよね♪2015/09/22

yohiiiidayo

20
黒ねこサンゴロウシリーズ続編2巻読了。弟子イカマル、初登場からずいぶん立派になりました。抜けたところはまだまだ、でも心構えは立派な海の男ですね。2016/11/28

ひめか*

15
これまでで一番男のロマンを感じた。イカマルがついに自分の船を手に入れたというところからして胸熱。危険な薬草を商売にしようと交渉してくるシーナとの戦いを見て、余計にサンゴロウ様に惚れてしまった。自分がイカマルになったような気持ちで、初の自分の船でサンゴロウと戦いに挑み、嬉しいけど怖くて不安で、どうしようと焦りながらも必死に頑張った。「本当に親分の相棒になりたいよ。頑張って一人前になる。諦めない。追いつけなくてもいけるとこまで行く」イカマルの志もかっこいい!まだまだだけど、一歩サンゴロウに近づけた気がする。2019/12/01

クサナギ

14
「旅のつづき」は、グッと大人っぽいサンゴロウのイメージ。その分、若いイカマルとの対比、やりとりが微笑ましい。でもやっぱり危なっかしいのはサンゴロウのほうで……。サンゴロウを訪ねる謎の美女(美猫?)、怪しい薬、危ない取引……まるで映画を見ているようでした。2016/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/488291

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。