帽子から電話です (新装版)

個数:

帽子から電話です (新装版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年10月21日 11時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 39p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784035020103
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

内容説明

とつぜん、電話がなった。「あっちゃんのおとうさんですか?」「はい、そうです」「青いしましま帽子いますか?」「…いま、いないんです」「また、わすれてきたの?ちゃんと頭にかぶっていなかったの?どこかにおいてきちゃうなら、コーヒー屋になんかよらなければいいんだわ」「…!」「帽子から電話があったら、よろしくね。あっちゃんにもよろしく。さよなら」小学校中学年から。

著者等紹介

長田弘[オサダヒロシ]
1939年福島生まれ。早稲田大学在学中より詩を発表。詩誌の編集にも携わる。詩集に『深呼吸の必要』(路傍の石文学賞)『世界はうつくしいと』(三好達治賞)『奇跡‐ミラクル‐』(毎日芸術賞)など、絵本に『森の絵本』(講談社出版文化賞)などがある。2015年没

長新太[チョウシンタ]
1927年東京生まれ。漫画家、絵本作家として、数々の作品を発表。絵本に『はるですよ ふくろうおばさん』(講談社出版文化賞)など、挿絵に『おしゃべりなたまごやき』(文藝春秋漫画賞)などがある。2005年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

電話がなったから出てみれば、なんとお父さんのたいせつにしている「帽子」からだった! 奇妙なお話がテンポ良く描かれ、思わず引き込まれる一冊。はたして帽子はなんのために電話をかけてきたのか……。1974年に出版された絵本の新装版。