「おれたち、ともだち!」絵本<br> ごめんねともだち

個数:

「おれたち、ともだち!」絵本
ごめんねともだち

  • 提携先に26冊在庫がございます。(2021年10月21日 08時54分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 31p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784032320503
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

オオカミはキツネと初めての大げんか。仲直りがしたいのに、あの一言が出てきません。「ごめんね」って。心の中ならいえるのに。   3才から

内容説明

おれ、オオカミ。おれのにがてなことば、しってるか?ごめんね、ごめん、ごめんなさい…むずかしいんだ。こころのなかならかんたんなのに、そのかんたんがなぜだかいえない。わかるか?このくるしいきもち。だれかたすけて。おれがごめんていえるように。

著者等紹介

内田麟太郎[ウチダリンタロウ]
1941年福岡県大牟田市に生まれる。個性的な文体で独自の世界を展開。主な作品は、絵本に「さかさまライオン」(第9回絵本にっぽん賞受賞)、「うそつきのつき」(児童出版文化賞受賞)、「なつは うみ」「ともだちや」「ともだちくるかな」「あしたもともだち」「ごめんねともだち」、「がたごとがたごと」(第5回日本絵本賞受賞)、「ひたひた どんどん」、読み物に「こっそりおてがみ」「心妖怪」シリーズ、詩集に「うみがわらっている」など多数

降矢なな[フリヤナナ]
1961年東京に生まれる。スロヴァキア共和国のプラチスチヴァ美術大学で石版画を学ぶ。和洋両方の味を合わせもった独特な画風。主な作品は「めっきらもっきら どおんどん」「ちょろりんのすてきなセーター」「ちょろりんと とっけー」「きょだいな きょだいな」「あいうえおうた」「おっきょちゃんとかっぱ」「スージーをさがして」「ともだちや」「ともだち くるかな」「あしたも ともだち」「レンゲ畑のまんなかで」「空をとんだ Qネズミ」など多数
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

146
ともだちシリーズ。オオカミの家で一緒に遊んでいたキツネが、ついつい負けず嫌いのオオカミを刺激してしまい大喧嘩。どしゃ降りの中、キツネは追い出される羽目に・・雨に打たれながら叫ぶキツネの描写がすごくいい。そして強気なわりにすぐしょげるオオカミの単純さも憎めない。そんな2人はしばらく絶交状態になるのだが、もうほんと我慢比べでしかなく。お互い、大切な相手だとわかっているからこその心理描写が丁寧でじんとくる。意地っ張りが何かのきっかけで緩和する似た者同士な部分はいつ見ても微笑ましい。 2014/08/08

masa@レビューお休み中

92
【再読】いつも通りの仲良しふたりと思いきや、今回は仲良しではないみたいですね。キツネとオオカミは、いつものように遊んでいます。でも、いつものように楽しそうではないのです。それは、オオカミがどの遊びでもキツネに負けてしまうから…。負ければ負けるほど、オオカミの表情が険しくなり、最後は怒ってしまいます。そして、「いんちきは このうちから でていけ!」と怒鳴りちらしてしまうのです。ケンカって、すぐに仲直りするときもありますが、ズルズル続いて仲直りできなくなることもありますよね。ふたりはどっちですかね…。2014/08/15

masa@レビューお休み中

90
オオカミがゲームに負ける。しかも、負け続ける。次第にイライラが爆発して、キツネにひどいことを言って追い出してしまう。悲しい気持ちで雨に濡れるキツネ。ひどいことを言ったと後悔するオオカミ。立場は違うのに、二人は同じことで悩む。ごめんねが言えないキツネとオオカミが出した答えは…。もう、なんだこの二人の関係は!友達というよりも、恋人のようなあま〜い関係ではないか。(笑)そんなことを言いつつも、意地をはったり、思ってることと反対のことをしちゃうのわかるよと激しく同意してみたりする。(笑)2012/08/02

おくちゃん🌱柳緑花紅

85
「おれたちともだち」このシリーズ本当に好き‼ごめんねって言いたいのに中々言えない。仲直りしたいのに。。。。言えないから苦しい。今回はアリさんの、登場でめでたしめでたし。今度は素直にごめんなさいが言えるかな?2016/11/09

めしいらず

65
このシリーズを読むのは、きっとこの話といつか巡り会うのを、心の中で待っていたからかも。些細なことで傷む友情。傷つけられた側は、必ずや傷つけ返そうとしてしまい、更にもつれる。お互いが相手から聞く「ごめんね」を、待って疲れて悲しくなって、落とした涙がたまたま友情を取り戻すひと言の呼び水になる。その場面の無様さが、可笑しくて、悲しくて、何とも優しい。このシリーズでイチバン良かった。2014/01/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/475821

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。